人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

世界中のコーヒーファンが注目するハワイ島カウ地区のビーベリー100%コーヒー豆「NA HULA」

2019.12.04

[NA HULA]
カウコーヒー「NA HULA」ピーベリー100%・大人の逸品特別セット

日本国内でも某有名コーヒーチェーン店でピーベリーではないカウコーヒーが販売されているが、1杯1300円ほど。本品はカウコーヒーの中でもより希少なピーベリーである。

 今、われわれが飲んでいるコーヒーという飲み物を嗜好するようになったのは13世紀ごろといわれる。ヨーロッパ人によって世界中に広まったコーヒーは、日本には18世紀末にオランダ人が持ち込んだという記録が残っている。以来、豆の種類や栽培、焙煎や抽出など、さまざまな手法が世界中で生まれ、多様なスタイルの飲み方が可能となっていった。こんな飲み物は、ほかにはあるまい。そう信じてやまないコーヒー好きの間で、話題となっているコーヒー豆がある。それが「世界ランキングでも最高級」と評判の「カウコーヒー」である。

丸い形状のピーベリーは、ロースター(焙煎機)で煎るときにムラができにくい。

「カウ」とはハワイ島の東南に位置する地域で、その西側は「コナコーヒー」で有名なコナ地区。カウ地区の地表には多くの腐葉土が積み重なり、その下には火山灰土が広がる。その土壌は豊富な養分と水捌けのよさという、コーヒー栽培に適した要素を併せ持っている。

右が一般的なコーヒー豆で、左がピーベリー。コーヒー豆2つ分の味わいを凝縮したピーベリーは、全体の約3%という希少な豆だ。

 このカウ地区で先頭に立ってコーヒー栽培を始め、「コーヒードクター」と呼ばれるジョン・アーサン氏はカウコーヒーのパイオニア。日頃からアメリカ合衆国農務省やハワイ大学ヒロ校農学部から協力要請を受けるほどの名人が、丹精込めて農園を管理し、栽培した貴重なカウコーヒーを、コーヒーファンの多い『大人の逸品』に特別セットとして提供することになった。

ドリップパック2包がおまけ!

届いてすぐカウコーヒーが堪能できるドリップパック付き。外出先でも気軽に味わえる。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。