人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

4Kの高精細な映像を140インチの大画面で楽しめるLGの4K LEDプロジェクター「HU70LS」

2019.11.29

LGエレクトロニクス・ジャパンは、プロジェクターシリーズ『CineBeam(シネビーム)』として、4K LEDプロジェクター「HU70LS」を2019年12月6日(金)より全国で順次発売する。

「HU70LS」は、フルHDの4倍の情報量となる4K(3840×2160)の高精細な映像を、最大140インチ(横幅約3.1m、1.25倍ズーム適用時)の大画面で、高精細かつ美しい映像を楽しむことができる。

光源には、RGB分離色とダイナミックグリーンの4つのLEDと、鮮明度とコントラスト比の高いDMDパネルを採用。

従来のカラーホイール方式と比較し、鮮明かつ豊かな原色再現が可能な独自技術「LG 4ch LED」により、映像美を追求した。

従来のプロジェクターの弱点であったレインボーノイズを抑え、ピュアなRGBカラーを再現する。

さらに、ダイナミックトーンマッピングに対応するHDR10も再生可能。映像ソースのメタデータに従い、フレームごとに最適化された明るさを再現し、暗いシーン、明るいシーンなどその場にあった明るさで表現。

フレームとフレームの間に新たにフレームを生成、挿入するTruMotionによって、フレーム数(フレームレート)の低い映像もなめらかに再生する。

操作性においては、暗い部屋でも操作しやすいように、ボタンが光る「マジックライティングリモコン」を採用。

OSには「webOS」を採用し、Wi-Fi環境さえあれば、外部の再生機器にケーブル接続しなくても、インターネットブラウザやVODを楽しむことができる。

また、Screen Shareや専用アプリ『LG TV Plus』を使用して、スマートフォンなどのモバイルデバイスの画面をワイヤレスで表示でき、Bluetoothに対応した外部スピーカーやワイヤレスイヤホンなどの音声出力機器にも接続可能。

USB Type-Cにも対応しており、ケーブル一本で映像を映しながらデータ転送、接続デバイスの充電も同時に行うことができる。

これまで、表示デバイスだったプロジェクターを、多様な機能を搭載することで、“エンターテインメントデバイス”として進化させた製品となっている。

関連情報:https://www.lg.com/jp

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。