人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ケーキやチキンはもう古い!?これからはオードブルのように楽しめる「クリスマスおせち」に注目!

2019.11.30

クリスマスといえば、ローストチキンにクリスマスケーキ。そんなときに、あえて「おせち」を食べるのも面白い。クリスマスにちなんで、洋風おせちは、クリスマスオードブルのようでしっくりくる。今年、楽天市場が新しいクリスマスメニューを提案した。それは「クリスマスおせち」。なぜクリスマスにおせちなのか? その答えを探る。

クリスマス前に届く一足早いおせち

楽天市場は、今年初めて「クリスマスおせち」という言葉を打ち出した。

配送のおせち商品は、一般的に12月31日頃に届くのが通例だ。しかしこの「クリスマスおせち」は、12月24日以前に届く異例のおせちだ。

一体、どこから「クリスマスにおせち」という発想が生まれたのか? 楽天の広報担当者に聞いてみた。

「今年の年末年始は2019年12月28日(土)~2020年1月5日(日)までの9連休ということもあり、長期休暇を利用して『旅行』や『実家に帰省』など出かける方が多くなり、三が日は自宅におらず、おせちを食べる機会のない人も増えると予想。またおせちを食べるタイミングを前倒したい人が多くなるのではないかと考え、洋風のオードブルのように楽しめるクリスマスおせちに注目しました」

また、楽天市場の「洋風おせち」は、普通のおせちを食べ飽きた人や、子どもがおせちだと食べられない具材があるといったユーザーに好評で、2018年9月は「洋風おせち」の売上が昨年同月比約2.1倍に伸びたそうだ。お正月のご馳走としてだけでなく、クリスマスオードブルとしてのさらなる需要喚起を図る。

楽天市場では、23日までに配送可能なおせちを「クリスマスおせち」として、洋風のおせちやオードブル系のおせちを特設ページで紹介している。

「クリスマスおせち」のメリットとは?

クリスマスおせちは、クリスマスオードブルを購入するのと比べてどのようなメリットがあるだろう。楽天の広報担当者は次の3つを挙げる。

1.美しい盛り付けのおせちはクリスマスにぴったり

「おせちは、美しい盛り付けが求められる新年のご馳走です。味も見た目もおいしい冷凍グルメのノウハウを積んできた店舗の商品だからこそ、クリスマスの食卓を彩るのにぴったりだと思います」

2.冷凍なのでいつ食べてもOK

「楽天市場で人気のおせちの多くは、「冷凍」で届く『冷凍おせち』です。冷凍技術の進化で保存料等使用しなくても流通できるようになり、そして冷凍でお届けなので、キレイな盛り付けのままお届けできるようになっています。また長く保存できてお客様の好きなタイミングで解凍して召し上がっていただけることが、冷凍おせちの人気の秘密です」

3.和風メニューは定番クリスマスメニューが苦手な人にも!

「和風のメニューが入っているクリスマスおせちもあるので、こってりした洋風のクリスマスディナーが苦手な年配の方などとも一緒に楽しんでいただけると思います」

日本人は、やはり目や舌が慣れた「おせち」でクリスマスをお祝いするのもいいのかもしれない。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。