人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

LEDヘッドライト、USBソケットを装備したベスパのコンパクトモデル「LX125 i-get」

2019.11.28

ピアッジオグループジャパンから、ラインアップの中で最も軽量でコンパクトなボディのベスパ LX 125 i-getを改良し、装備を充実させた新型の「ベスパ LX 125 i-get」が登場した。

新しいベスパ LXは、エレガントでクラシカルな外観と、ミニマルで使い勝手の良い車体はそのままに、LEDヘッドライトやUSBソケットなどの最新デバイスを新たに装備。また、エルゴノミクスと各部の品質も向上させ、足付き性やパフォーマンスも現代的な進化を遂げている。

最も軽量でコンパクトなベスパをアップデートした『ベスパ LX 125 i-get』

イノチェンツァホワイト(左)、アビオブルー(右)

エネルジアブルー

この新しいLXの主な変更点の1つは、LEDテクノロジーのヘッドランプの採用であり、視認性の向上のために再設計されている。あらゆる気象条件下での安全性の確保だけでなく、スタイリッシュな外観も実現。

また、新しいインストルメントパネルには、アナログ形式のスピードメーターと、燃料レベルと時刻を表示する液晶デジタルディスプレイのコンビネーションメーターを新たに採用している。

フロントシールド中央に位置するステアリングコラムカバー(通称:ネクタイ)のデザインにも手を加えた。Vespaのデザインを印象づけるこのパーツは、ホーンカバーの形状を一新。サイレンサーカバーや、ミラーのデザインを新しくし、前後アルミホイールのデザインもよりエレガントな5本スポークホイールへと生まれ変わっている。さらにUSB充電ポートが新たに装備されており、携帯電話、タブレット、小型電子機器の充電が可能となっている。

新しいVespa LXのもう1つの特徴は、足付き性の向上している。形状が見直されたシートは、座面はよりフラットで細くなり、快適性を保つ十分なパッドを維持しながら、小柄なライダーでも快適に乗れるよう改良されている。さらに新しい素材の表皮は、車体全体の外観をよりエレガントに演出する。

新しいサドル形状に加えて、ライダーとパッセンジャーの両方の快適性を高めるために、フットレストの形状も変更。新しいデザインでは、足元のスペースを増やしつつ、小柄なライダーでも足を地面に設置させやすい形状に改良し、利便性を高めている。

New Vespa LX 125 i-get SPECIFICATION

ENGINE

エンジン:i-get, 空冷単気筒4ストロークSOHC 3バルブ
燃料供給方式:電子制御燃料噴射システム
排気量:124cc
最高出力:10.2HP(7.6kW)/ 7,600 rpm
最大トルク:10.2 Nm/ 6,000 rpm
トランスミッション:自動無段階変速(CVT)

CHASSIS

フロントサスペンション:片持ちリンクアーム デュアルアクション油圧式サスペンション
リアサスペンション:油圧式モノショックアブソーバー、4段階スプリングプリロード調整式
フロントブレーキ:油圧式200 mmディスクブレーキ
リアブレーキ:機械式110mmドラムブレーキ
フロントタイヤ:110/70 - 12"
リアタイヤ:120/70 - 10"

DIMENSION

全長:1,770 mm
全幅:705 mm
ホイールベース:1,280 mm
シート高:785 mm
燃料タンク容量:7.0ℓ
車両重量:114 kg

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。