人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

日本の四季になぞらえたノモス グラスヒュッテの4種の日本限定ウォッチ「Four Seasons」

2019.11.27

今年はドイツの産業界に多大な影響をもたらしたデザイン学校「バウハウス」が創立100周年を迎える。また来年2020年はノモス グラスヒュッテの創立30周年だ。

更に大沢商会がノモス グラスヒュッテの正規輸入代理店としてパートナーシップを結び日本での本格的な展開をスタートして20周年を迎える年でもある。時計師3人からスタートしたノモス グラスヒュッテ社は、今やドイツ国内随一の生産力を持つ時計メーカーに成長した。

今回、両者にとって記念すべき年である2019-20年に向け、ドイツの卓越したモノ作りとバウハウスのスピリットを象徴するノモスウォッチと日本の伝統工芸技術を融合させ、日本の四季になぞらえた4つの「Four Season」をデザインした。

ノモス グラスヒュッテのアイコンモデル“タンジェント”をベースに、四季それぞれを「秋・茜」、「冬・屋久杉」、「春・槐樹(えんじゅ)」、「夏・藍」のカラーでイメージし、それぞれの色を文字盤外周に配色した。ストラップには日本の伝統工芸技術である草木染めで染め上げたカーフ素材を使用しているのも特徴だ。

「NOMOS GLASHÜTTE / ノモス グラスヒュッテ」の日本限定モデル「Four Seasons」

タンジェント「秋・茜」

茜/紅葉や秋の夕焼けをイメージした茜色をダイヤル外周部とストラップに使用。ゴールドカラーの針が秋の温かみを与える。

Madder dye/茜色はその名の通り、根が赤い事からその名がついた。この根は浄血、解毒、強壮の作用があるとされ、古来より使われた赤系の色素。その昔日の丸の赤もこの染料で染められていた。

タンジェント「冬・屋久杉」

屋久杉/屋久杉の力強さをイメージした冬は、落ち着きのある上品なグレーカラーをストラップと外周リングに配色した。

Yaku cedar dye/屋久杉の葉と家具などを作る際に出る杉の廃材を用い、独自の技術で何日もかけ煮出した染液を使い、屋久杉の奥に眠る色の素を取り出す。

タンジェント「春・槐樹」

槐樹/若草や新緑をイメージした春は、草木染めでは珍しい黄色系のストラップに若葉のグリーンカラーを外周リングにあしらった。

Pagodatree dye/槐樹は夏の暑い盛りに咲く花。その花の蕾を染色に使う。武士の誉を称える木として知られており、鮮やかな黄色を染める貴重な染料だ。

タンジェント「夏・藍」

藍/青い空、輝く海をイメージし、ストラップと外周リングに藍カラーを、針にはブルースティールを採用。ダイヤルのホワイトカラーとのバランスがスッキリとした美しいデザインとなっている。

Japanese Indigo dye/藍は徳島や宮崎、北海道などで栽培されているが、年々生産量が減少しており貴重な染料となってきた。本製品では江戸時代より特上とされた徳島産の小上粉の藍草を発酵させた「すくも」を使い建染めで染め重ねている。

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。