人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

絶妙なサイズ感、先進安全装備、居住性、ダイハツのコンパクトSUV「ロッキー」はコスパ最強モデルだった!

2019.11.26

世界的なクロスオーバーブームの中、クロスオーバーに興味を持つユーザーは、今では老若男女を問わず、コンパクトカーユーザーにまで拡大している。

そんな中、日本の路上にジャストなサイズ、使い勝手を備えた、SUVらしいデザインと、アウトドアでも大活躍しそうなゆとりあるラゲッジ空間、そして先進性を備えた5ナンバーサイズのコンパクトクロスオーバーSUVが登場した。そう、ダイハツ・ロッキーである。

ロッキーはタントに続く、DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)第二弾となるモデルであり、先代モデルとも言えるビーゴ&ラッシュ同様、トヨタにライズとして兄弟車がOME供給されることになる。

これぞSUV!という、トヨタ版のライズとは異なる顔つきを持つボディーは全長3995×全幅1695×全高1620mm、ホイールベース2525mm。全長を4m以内の押さえたコンパクトなサイズが売りだが、前席、そしてラゲッジスペースは、そこからは想像もできないほどのゆとりがある。これは、限られたサイズの中で最大限の室内空間をかせぎだす、ダイハツの軽自動車造りのノウハウが生きたものと言える。

しかも、最小回転半径は16インチタイヤで4.9m、17インチでも5.0mと小回り性に優れ、前席ヒップポイント地上高665mmのSUVらしい高く爽快(そうかい)な視界によって、走りやすさ、止めやすさは文句なし。狭い道やUターン、料金所の幅寄せも楽々というわけだ。最低地上高はFF/4WDを問わず185mmと本格で、なんちゃってSUVとは一線を画しているのも、アウトドア派にとっては注目ポイントだ。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年2月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライト」!特集は「無印良品/ニトリ/イケア ベストバイ」&「テレワークに使えるベストPC選手権」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。