人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

最大約2週間のバッテリー駆動時間を実現したスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT 2」

2019.11.24

ファーウェイ・ジャパンは、スマートウォッチの新製品として、革新的なバッテリーシステムを搭載した「HUAWEI WATCH GT 2」を11月22日より順次発売する。

ケースサイズは46mmと42mmを用意し、46mmシリーズはスポーツモデルとクラシックモデル、エリートモデルの3種類、42mmシリーズはスポーツモデルとクラシックモデル、エレガントモデルの3種類で展開。

発売日は46mmシリーズのスポーツモデルとクラシックモデルが11月22日、42mmシリーズのスポーツモデルとクラシックモデルが11月29日、46mmシリーズのエリートモデルと42mmシリーズのエレガントモデルが12月以降を予定する。

本製品は、2018年に発売された「HUAWEI WATCH GT」の後継機。ファーウェイ独自開発の最新低消費電力チップセット、HUAWEI Kirin A1を同社として初めてウェアラブルデバイスに搭載し、改良した省電力アルゴリズムと、GPS持続稼働性能の最適化で多様な使用シーンでのバッテリー持続時間が向上。

通常使用の場合で46mmシリーズが最大約2週間、42mmシリーズが最大約1週間の連続使用が可能。GPS連続使用時でのバッテリー持続時間は46mmシリーズで最大約30時間、42mmシリーズで最大約15時間を実現する。

また、全15種類のワークアウトに対応し、トライアスロンをはじめ、器具を使った「エリプティカル」や「ローイング」など、多彩なトレーニングをサポート。ストレスモニタリングや睡眠モニタリングなどにも対応する。なお、ストレスモニタリングはAndroidのみ対応するとのことだ。

さらに、本体にペアリングしたAndroidスマートフォンの音楽再生操作ができるうえ、最大500曲の音楽を本体に保存することが可能。

そのほか、メッセージ通知、天気情報、スマートフォン探索、アラーム、懐中電灯など、生活を便利にする機能も充実。加えて、46mmシリーズではスマートフォンを操作しなくても通話ができるBluetooth通話機能も利用可能だ。

ディスプレイにはAMOLEDを採用し、サイズと解像度は46mmシリーズが1.39インチで454×454ドット、42シリーズが1.2インチで390×390ドット。重量(バンドを含まず)は46mmシリーズが約41g、42mmシリーズが約29g。

市場想定価格は46mmシリーズのスポーツモデルが24,800円(税別)、クラシックモデルが28,800円(税別)、エリートモデルが32,800円(税別)。42mmシリーズのスポーツモデルが22,800円(税別)、クラシックモデルが26,800円(税別)、エレガントモデルが30,800円(税別)。

スポーツタイプのものからエレガントなものまで、多彩なデザインが揃っているので、利用シーンなどに応じて好みのものを選択できるのも嬉しいポイントだ。

製品情報
https://consumer.huawei.com/jp/wearables/watch-gt2/

構成/立原尚子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。