人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

周辺環境?価格?関東と関西で大きく異なる「住宅選びで重視するポイント」

2019.11.25

関西と関東の違いといえば、何だろうか?方言はもちろんのこと、エスカレーターの立ち位置、お好み焼き・たこ焼きでご飯を食べる習慣があるかなど、様々上がることだろう。

では、住まい選びの基準において、何か違いは見受けられるのだろうか?

そこでこのほど、不動産関連の比較査定サイト「リビンマッチ」を利用した関東または関西に居住している男女129人を対象にした住まい選びの重視点と妥協点に関するアンケート調査が行われたので、その結果を紹介していきたい。

住宅購入時の最重視点、関東は「周辺環境」19.0%、関西は「価格」22.0%!

はじめに「住宅購入時の最重視点」を尋ねる調査が行われたところ、関東では『周辺環境」(19.0%)が最多で、『価格』(17.7%)、『駅・バス停からの所要時間』(16.5%)、『所在地』(10.1%)と続いた。

一方、関西では『価格』(22.0%)が最多で、以降、『周辺環境』(18.0%)、『駅・バス停からの所要時間』(16.0%)、『売主の信頼度』(10.0%)となった。また、少数だが、関東では『地盤』(5.1%)、『学区』『リノベーションの自由度』(共に1.3%)を選んだ人がいる中、関西ではゼロだった。

次に「2番目に重視する点」を尋ねる調査が行われた。それぞれ『価格』(関東:27.9%、関西:18.0%)が最多で、『所在地』(関東:15.2%、関西:16.0%)、『周辺環境』(関東:13.9%、関西14.0%)、『駅・バス停からの所要時間』(関東:13.9%、関西:10.0%)となった。こちらでも少数ではあるものの、関西では『学区』(6.0%)や『広さ』(2.0%)を選んだ人がいる中、関東ではゼロだった。

続いて、「3番目に重視する点」を尋ねる調査が行われた。関東では『構造・耐震性』(13.9%)が最多で、以降、『周辺環境』(12.7%)、『間取り』『広さ』(共に10.1%)となった。

関西では『周辺環境』『日照・風通し』(共に16.0%)が最多で、『価格』(14.0%)、『構造・耐震性』(12.0%)、『間取り』(10.0%)という結果に。

『日照・風通し』は関東では6.3%しかいなく、『広さ』(関東:10.1%、関西:4.0%)や『駅・バス停からの所要時間』『所在地』(共に関東:7.6%、関西:2.0%)も関東と関西で大きな違いが見られた。

家選びで最も妥協できるのは、関東は『学区』、関西は『築年数』!

今度は「最も妥協してよい点」は何か尋ねる調査が行われた。関東では『学区』(22.8%)が最多で、『駅・バス停からの所要時間』『広さ』(共に16.5%)、『間取り』(10.1%)と続いた。

関西でも『学区』(22.0%)が最多だったものの、『築年数』(18.0%)、『間取り』『リノベーションの自由度』(共に12.0%)、『駅・バス停からの所要時間』(10.0%)となり、『広さ』は4.0%しかいなかった。

また少数だが、関西では『構造・耐震性』『地盤』(共に2.0%)を選んだ人がいる中、関東はゼロだった。

次に、「2番目に妥協してよい点」を尋ねる調査が行われた。関東では『築年数』(21.5%)が最多で、『リノベーションの自由度』(16.5%)、『学区』(15.2%)、『広さ』(10.0%)と続いた。

関西では『リノベーションの自由度』(20.0%)が最多で、『広さ』(18.0%)、『築年数』(16.0%)、『学区』(10.0%)となった。関東で7.6%いた『所在地』は、関西では2.0%と少なく、少数だが関西では『構造・耐震性』(2.0%)を選んだ人がいる中、関東ではゼロだった。

最後に「3番目に妥協してよい点」を尋ねる調査が行われた。関東では『リノベーションの自由度』(16.5%)が最多で、『売主の信頼度』(12.7%)、『周辺環境』(11.4%)、『築年数』(10.1%)と続いた。

関西では『築年数』(20.0%)が最多で、『リノベーションの自由度』(14.0%)、『駅・バス停からの所要時間』『広さ』『間取り』(共に10.0%)という結果に。関東では上位に挙がった『売主の信頼度』『周辺環境』は関西では共に4.0%と少なく、少数だが関東では『価格』(2.5%)、『地盤』(1.3%)を選んだ人がいる中、関西はゼロだった。

以上の結果から、関東の方が利便性を、関西の方が住み心地を重視する傾向があることが見て取れる。

※リビンマッチ調べ

<調査概要>
■調査期間:2019年10月15日~10月31日
■調査手法:インターネット調査(任意でアンケートに回答)
■集計数:「リビンマッチ」を利用した20歳以上の関東または関西に居住している男女129人(内訳:関東 79人、関西 50人)

出典元:リビン・テクノロジーズ株式会社

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。