人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

戦いはもう始まっている!令和最初の「福袋」の狙い目と勝利のポイント

2019.11.27

元号が令和になって最初の福袋の時期が到来した。中身の見える(選べる)福袋や体験型の福袋などトレンドは目まぐるしく移り変わり、福袋商戦の早期化が、それに追い打ちをかける。

そのせいで、買う側にとって楽しみが増えるとともに、ねらい目を探す苦労も増えた。なにより、限られた日数での勝負なので、見誤ってもやり直しがきかない。

そこで今回は、情報サイト「福袋ニュースカレンダー」を運営し、百貨店やブランドの福袋の企画を手がけたMOMOTAさんに、福袋獲得戦に成功するためのコツを教えていただいた。

福袋のトレンドは昨年とどこが変わるか

― 5月前後に新元号にちなんだ“夏の福袋”商戦がありました。これから冬を迎えての、本格的な福袋が始まりますね。昨年やそれ以前と比べて、目新しいトレンドはどんなものがあるでしょうか?

MOMOTAさん:おっしゃるとおり、5月の新元号にあわせ令和福袋が早くも百貨店から登場しました。2020年の福袋に関しては、令和初の新春福袋と共に、大きなでき事があること、そして消費増税後初の福袋という側面もあるのです

しかも、この時期は独身の日、ブラックフライデー、サイバーマンデー、クリスマスなどのイベントが目白押しなので、出足が鈍い感じがします

冷夏によって弱体化しているファッション業界が、どのような福袋を提供してくれるか楽しみです。

2020年はオリンピックが開催されるので、スポーツを意識した体験型福袋が多くの百貨店から販売されます。阪急百貨店では、藤光謙司選手の「速く走るためのテクニックが学べる快速福袋」。西武池袋本店では、西武ライオンズとコラボした「辻監督からノックをうけられる体験福袋」などが注目です。そしてユーチューバーが人気職業であることに着目した池袋東武百貨店は、「未来のYouTuber育成福袋 YouTuberと一緒に動画を撮ろう!」があります。きっと、日本各地の百貨店でもスポーツやトレンドを意識した福袋がお正月を賑わせてくれるでしょう。

百貨店では通常の福袋のほかに体験型の福袋も展開(阪急百貨店サイトより)

予約合戦でチャンスをつかむには

― 今に始まったことではないですが、正月よりずっと前に予約注文で受け付ける店舗が激増しています。こうした予約系の福袋で、良品をつかむコツはあるでしょうか?

MOMOTAさん:今ではお正月に店舗で“購入する”のではなく、“受け取る”という流れが増えてきましたね。事前に店舗で予約して、お正月にお店で受け取るということです。

良品は、事前にネットで情報をつかむしかありません。例えば普段であれば、店内の着替えコーナーでサイズを合わせ、靴なども履いてみたりできますが、福袋では店舗でも通販でもそれができません。逆に言えば、福袋に関して申し上げれば、通販でも店舗でも一緒と言うことになります。やはり、福袋という性質上、ファッションであるならば応援しているブランドを購入するということでしょうか。

2020年の福袋は、ファッションよりもプロパーで値段もわかっているコスメや食品、家電福袋に人気が集中しそうです

ネットで福袋の予約受付をするプロ野球グッズ店SELECTIONの案内

ジャンル別にみる福袋のねらい目

― ジャンルごとにみて、福袋でお買い得な気分が味わえるもの、そうでないものがあると思います。例えば、今冬はブランド物アパレルがねらい目といった傾向はあるでしょうか?

MOMOTAさん:通販では既にブランドものなどの新春福袋が始まっていますが、今回は少し様子が違うようですね。

昨年まで即完売していた人気ファッションブランドが今年は売れていないなど、少し残念な状況が散見されています。

これは増税要因だけではなく、毎年アウターを購入する人は少ないことや消耗するサイクルが長いことでしょう。

一方でキッズの福袋は、子供が成長するので安定して売れている感じがします。

そして新年には、新しい靴下や下着にしたいと思う方が多いのでしょうか。GUNZEなども好調です! また、アウトドアファッションやスポーツファッションも安定しています。

子供服などキッズ向けは安定して売れており、内容も充実(ミキハウスサイトより)

正月に売り出す福袋で良品を獲得するには

― 予約方式が増えたとはいえ、正月の初売りで福袋を提供する店はまだまだ健在です。こうした“従来型”の福袋でお得な品を獲得する秘訣みたいなものはありますか?

MOMOTAさん:お正月は商業施設にとって客足が多い稼ぎ時です。コンビニでの買い物のように“ついでに購入”する人が多いため、福袋は最高のツールなのです。福袋を購入するついでに、他の商品も購入してくれたり……

基本的に、私の福袋情報サイトでも紹介できる福袋には限りがあります。多くの広告費を費やしているブランドや企業の商品しか、我々には情報が届かないのです。しかし、実際にお正月に外を眺めますと、あらゆるところで福袋が販売されています

なので、お正月はお出かけして、いろんな福袋を眺めるのも楽しいかもしれませんね!

そして、福袋をきっかけに新しい味を楽しんだり、新しいコスメにチャレンジしたりといった楽しみもあることでしょう

初売り日の店頭限定福袋を展開する大丸札幌店(大丸サイトより。注:写真は2019年1月の福袋)

さらにMOMOTAさんは、昨今の福袋の見逃せないトレンドとして、百貨店が主導する「高額福袋」を挙げる。それに引きずられてか、売れ筋の価格帯も少し上がっていることを指摘する。

基本、新年の「おめでたい」という気持ちは持ちつつも、自分が本当に欲しいものかどうかを吟味するのがセオリーと言えそうだ。

MOMOTAさん プロフィール
元お笑いタレントで福袋購入は40年近い。子供服の福袋を通販で購入しようとしたら瞬時に完売するのを目の当たりにして驚愕。それ以来、自身でウェブサイトを立ち上げ、現在では百貨店の福袋の企画に参加したり、TV、ラジオ、コラムなどでも活動中。
運営サイト:「福袋ニュースカレンダー」https://happy-bag.biz

文/鈴木拓也(フリーライター兼ボードゲーム制作者)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。