人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

人生100年時代に向け、ポイント投資や少額投資の利用者が拡大。dポイントを使用したポイント投資は1年で利用者50万人以上に

2019.12.08

LINE証券

各種キャンペーンで話題を振りまいたキャッシュレス決済は、10月1日の消費増税をきっかけに、政府主導のポイント還元もスタート。今後のさらなる促進に向け、弾みをつける形に。一方で、人生100年時代に向けた少額投資や、個人の信用を担保にする信用スコアなど、新たなサービスにも注目が集まる年となった。

ポイント投資・少額投資

老後資金2000万円問題で〝投資〟への関心度UP

 長寿命化し、人生100年時代を見据えた貯蓄が必要。そのために重要なのが資産運用だ。金融庁が6月に「定年後に95歳まで生きるには、公的年金以外に夫婦で約2000万円の金融資産が必要」と発表したことで、ますます関心が高まった。

 ただ投資にはリスクもある。その抵抗感を軽減するため、楽天証券やSBI証券などがポイント投資サービスを行なっていたが、昨年、ドコモが参入したことで、認知度が一気にアップ。

 dポイントを使った『ポイント投資』は、約1年で利用者を50万人以上に伸ばした。ロボアドバイザー投資『THEO+docomo(テオプラスドコモ)』の6割の利用者は、ポイント投資から始めた。

『LINE』では500円から始められる積立投資『LINE スマート投資』に加え、8月から1株1口単位で数百円から購入できる『LINE証券』をスタート。『LINE』上で簡単に操作でき、平日21時まで取引できるようにするなど、投資に対する敷居を下げた。

 ポイント投資に親しんだ世代が、次は手軽に参加しやすい少額投資へとコマを進め始めた。来年には同様の手軽な投資サービスが続々と登場しそうだ。

ドコモ ポイント投資

ドコモ ポイント投資

ドコモ ポイント投資

手持ちのdポイントを使って投資体験ができ、おまかせとテーマから選べる。おまかせは株式に比重を置いたアクティブと、債券に比重を置いたバランスから選択。テーマは日経平均株価、新興国、コミュニケーション、生活必需品、ヘルスケアの5つを用意する。

LINE証券

LINE証券

プロが厳選した有名企業200社の銘柄とETF15銘柄が選べる。

取材・文/綿谷禎子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。