人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

RAV4、MAZDA3、ジープラングラー、スープラ、今年発売された新型車6台を総点検

2019.11.22

今年も様々な新型車が登場した。そこで、注目の6台をピックアップ。@DIMEからレビュー記事をお届けする。

新型車総点検・part1

マツダ「MAZDA 3」

『アクセラ』から名称変更を行なったマツダの新世代商品第1弾。『MAZDA 3』は『デミオ』と『アテンザ』の間に位置し、Cセグメントに属するコンパクトカーだ。ファストバックとセダンを用意するボディーのサイズは『アクセラ』と大きく変わらず、日本の道路を走っても扱いやすい。注目すべきは、キャラクターラインのない、周囲の景色を鮮やかに映し出す湾曲したボディー面の構成だ。

【参考】【2019上半期新型車総点検】独自の進化を続けて生まれ変わったマツダの新世代コンパクト「MAZDA 3」

ジープ「ラングラー アンリミテッド」

『ジープラングラー』が実に11年ぶりにフルモデルチェンジを果たした。新開発の4気筒ターボエンジンはレスポンシブルで、組み合わされるATは5速から8速へ進化。その効果はてきめんで、小気味よい走りを実現している。  ほかにもジープの真骨頂であるオフロードの走破性能の改良も抜かりない。副変速機を備え、2輪駆動と4輪駆動それぞれでローレンジモードを選べるようになっており、万全だ。操作系統もモダナイズされ、ドライバーインターフェイスが大幅に向上した。

【参考】【2019上半期新型車総点検】11年ぶりにフルモデルチェンジを果たしたジープ「ラングラー アンリミテッド」

トヨタ「RAV4」

トヨタ『RAV4』

日本市場で復活した『RAV4』は、初代の都市型クロスオーバーから一転、『カムリ』と同じくトヨタの新プラットフォームGA-Kを採用、荒野も走破する本格クロスカントリーへと進化した。パワーユニットは熱効率に優れたダイナミックフォースエンジン、2Lガソリンと最新の2.5Lガソリン+2モーターのHVを用意。また3種類の4WDシステムを揃えた。

【参考】【2019上半期新型車総点検】全く別のクルマになって復活したトヨタの本格クロスカントリー「RAV4」

三菱「デリカD:5」

デビュー以来、約12年ぶりに、ビッグマイナーチェンジを行なった『デリカD:5』。新型は社内外で賛否両論あったといわれる強烈な面構えが最大の特徴で、パワーユニットは「ミニバンの皮をかぶった本格SUV」というキャラクターにぴったりの2.2Lのクリーンディーゼル+4WDに一本化された(※従来型ガソリン車の4WDと2WDは併売される)。

【参考】【2019上半期新型車総点検】異次元の進化を遂げた三菱のミニバン「デリカD:5」

トヨタ「GRスープラ」

令和の幕開けとともに華々しく発表されたのが17年ぶりに復活した、トヨタのレーシング部門GR(ガズーレーシング)の名称を冠した『GRスープラ』だ。ご存じのとおり、BMWとの共同開発車で、そのBMW版が新型『Z4』という、グローバルなピュアスポーツだ。『Z4』と同じオーストリアのマグナ・シュタイヤーのグラーツ工場で生産され、トヨタの元町工場から日本国内にデリバリーされる。

【参考】【2019上半期新型車総点検】17年ぶりに復活を遂げたトヨタのピュアスポーツカー「GRスープラ」

BMW「Z4」

兄弟車となるトヨタ『スープラ』よりもひと足先にデビューしたBMWのオープンスポーツ、新型『Z4』。メカニズムは『スープラ』と同じで日本仕様は3L直6ターボの「M40i」と2L直4ターボの「20iシリーズ」。9年ぶりにフルモデルチェンジした3代目『Z4』は、山道でのコーナリングも正確なハンドリングで突破し、ムダな動きを見せることなくどっしりした足回りで力強くこなしていく。

【参考】【2019上半期新型車総点検】スポーツクーペに匹敵する走りを手に入れたロードスターBMW「Z4」

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。