人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

aiboがくしゃみ!?ロボットを直感的にプログラミングして動かせるAPIの体験学習

2019.11.26

ソニーが2019年11月11日、自立型エンタテインメントロボット「aibo(アイボ)」のAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)を無償で公開した。これはaiboの動きなどを自由にプログラミングすることができるものだ。

公開日の2019年11月11日から2020年1月中旬まで、ソニースクエア渋谷プロジェクトでaiboのプログラミング体験ができる。aiboはどんな動きができるようになったのか、その様子を一部紹介する。

aiboらしい「感情状態」を考慮したふるまいをすることも

APIは、aiboのライセンスプログラムである「aiboデベロッパープログラム」を通じて提供される。これにより、インターネットを通じてaiboを自由にプログラミングして動かせる。モデル風のウォーキングや、ストリートパフォーマンス風の動きなども可能だ。

しかし、一般的なロボットのAPIとは異なるところがある。それは、aiboの感情状態によって、「吠える」とプログラミングしても、明るく吠えたり、怒ったような吠え方をしたりするところだ。

本物の犬を相手にするように、aiboをなでたり、ほめたりして機嫌をとることで、明るく吠えさせることができるそうだ。

プログラミングは直感的に子どもでも可能

プログラミングと聞くとむずかしそうなイメージがあるが、実は「aiboビジュアルプログラミング」という、ドラッグ&ドロップ中心の簡単な操作で、プログラミングの知識がなくても直感的にプログラミングできるインターフェースが用意されている。子どもでも操作を覚えれば、簡単にプログラミングでき、aiboを好きに動かせるというわけだ。

例えば、「音が鳴ったらこう動かす」「扉が閉まったらこう動かす」など、特定のきっかけからaiboを動かすことが可能。

aiboを持っているなら誰でも利用可能であることから、今aiboと暮らしている家庭はさらなる楽しみが生まれる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。