人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

転職したら働きたいエリアTOP3、3位渋谷・原宿・青山、2位新宿・代々木・大久保、1位は?

2019.11.18

住まいを選ぶ際、「エリア」を重視する人は多いはず。では、会社を選ぶ時はどうだろうか?きっと、給与、休暇、やりがいなどが優先すべき条件の上位に挙がることだろう。しかし、毎日8時間以上もいる場所なのだから、住まい同様、少なからず働くエリアにもこだわりを持っている人は多いに違いない。

そこで今回、株式会社MAPによる、転職を考えている752名を対象にした「転職したら働いてみたいエリア」に関するアンケート調査の結果が発表されたので、紹介していきたい。

働きたいエリア、⼀番人気は「東京・丸の内・日本橋」エリア

752人を対象に転職したら働いてみたいエリアについて選択方式で質問が投げかけられたところ、「東京・丸の内・日本橋エリア」が246人でトップだった。

以降は、「新宿・代々木・大久保エリア」191人、「渋谷、原宿、青山エリア」185人、「恵比寿・目黒エリア」184人と続くが、「こだわらない」と回答した人も169人にのぼった。

エリアよりも駅からのアクセスの良さを重視する声も

続いて「そのエリアを選択した理由は何か」と尋ねる調査が行われたところ、「好きなエリアだから」「イメージがいいから」など、そのエリア自体に魅力を感じて選択する人が多かった。

一方で「通勤に便利」が365人、「自宅から近い」が81人と、通勤の効率を重視する回答が全体の60%近くを占めた。中には「エリアよりも駅からのアクセスのよさを重視したい」(男性︓29歳)、「残業することを考慮して、夜間の治安がよいエリアを選びたい」(女性︓25歳)といった意見もあった。

働くエリアや通勤へのこだわりに男女差

「仕事選びにおいて、勤務地は重視するか」という質問に対しては「多少は意識する」と答えた人が66.6%と圧倒的に多く、男女別に見ると「かなり意識する」「多少は意識する」と回答した人の合計は男性が83%、女性が90.9%となった。

「両親が高齢のため、実家へのアクセスも考慮して勤務先を選びたい」(女性︓25歳)「仕事帰りに習い事に通うので勤務エリアは重視します」(女性︓26歳)など、生活全般と通勤を結びつけて考える女性が多い一方で、男性の意見には「勤務地に関して特にこだわりがない」(男性︓32歳)、「通勤が不便なら引っ越すので、勤務地はどこでも」(男性︓27歳)といった内容が目立った。

結婚や出産など、ライフイベントを見据えたものになるケースが多い20代、30代の転職。女性の方が中長期的なライフスタイルの変化を考慮して転職活動にのぞむ傾向があり、時間や距離など「通勤の効率化」への意識も男性以上にシビアなようだ。

■まとめ

転職活動においては男女共に「勤務地などの条件面よりも仕事内容が大事」という意見が圧倒的多数を占める(*1)ものの、20~30代は通勤時間も労働時間に含むという考え方が浸透している世代。勤務地の立地条件の悪さが内定辞退の要因となるケースも少なくない。

災害発生時の通勤指示やルールの周知など、通勤に関する企業の対応が改めて注目されている今。立地条件に強みのない企業が若手採用に取り組む場合、移転は難しくとも、リモート勤務や時差出勤導入など、独自の施策で対応する必要がありそうだ。

(*1) 参考資料 20代の転職意識 仕事に求めるのは「条件・待遇」よりも「やりがい・面白さ」(日本若者転職支援センター)
https://map-on.co.jp/2940


<調査概要>
調査内容:キャリア面談事前アンケート
調査対象:MAPグループ転職支援サービス登録者の20~34歳
有効回答数:752名(男性352名、女性400名)
調査方法:面談時にアンケートフォームへの入力方式で実施(設問1は複数回答可)
調査期間 2019年7月22日~10月2日

出典︓株式会社MAP

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。