人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

見たことのない景色が見られる!?JAXAとリコーが宇宙空間で360°全方位を一度に撮影できる小型全天球カメラを開発

2019.11.16

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構とリコーは、360°の全方位を一度に撮影できる小型全天球カメラを共同開発した。

カメラは民生品をベースに開発したもので、宇宙で使われる世界最小の360°カメラだ。民生品の360°カメラが宇宙船外で全天球型の撮影を行うのは国内で初めてのことだという。

宇宙空間で使用可能な小型全天球カメラ

JAXAおよびリコーは、2018年に相互連携に関する覚書を締結し、共同で本カメラの開発を行ってきた。開発したカメラは、リコーが市販する小型の全天球カメラ「RICOH THETA(シータ)」をベースに、宇宙空間の温度、放射線など、宇宙環境に耐えるための措置を行っている。また、360°全方位の同時撮影が可能なため、カメラのサイズ・重量を抑えながら、多くの視覚情報を得ることができる。

今後、JAXAは本技術を宇宙探査機等の船外モニタカメラとして活用することを目指す。リコーは、360°カメラおよび関連するサービスをさまざまな産業分野・用途へ展開していくとともに、技術研究開発を通じて宇宙開発を含む科学・社会の発展に貢献していくという。

構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。