人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ルノワール、モネ、ミレーの作品が丸の内に集結!やさしい気持ちになれるフランス近代絵画鑑賞のすすめ

2019.11.17

ポール・セザンヌ<<マルセイユ湾、レスタック近郊のサンタンリ村を望む>> 1877-79年 油彩/カンヴァス 吉野石膏コレクション

ルノワール、モネ、シスレー、シャガールなど、優しく親しみやすい作品で国内有数の吉野石膏コレクション。歴史と趣を感じる赤レンガが人々を優しく癒す三菱一号館美術館で、「印象派からその先へ―世界に誇る吉野石膏コレクション展」が2019年10月30日より開催されている。

大手建材メーカー・吉野石膏が所有する質の高い近代美術コレクションを、日本で初めて本格的に紹介する。

通常、吉野石膏コレクションを見るためには山形県にある山形美術館へ行かなければならない。印象派の先駆とされるミレーやコロー、印象派を代表するルノワールやマネ、そしてピカソやシャガールなどのキュビスムやエコール・ド・パリの作品など、フランス近代絵画の流れを一望できる「いいとこどり」を、今回は東京・丸の内で存分に楽しめる。

ここでしか見られない選りすぐりの72点をじっくりと堪能して欲しい。

やさしい気持ちになれる作品ばかり。本展覧会で絶対に見ておきたい作品

ピエール=オーギュスト・ルノワール<<シュザンヌ・アダン嬢の肖像>>1887年 パステル/紙 吉野石膏コレクション

展覧会で最も注目したい作品はこちら。ルノワールといえば、油絵で描く生き生きしたとした人物の表情や、美しい風景を真っ先に思い浮かぶ人もいるだろう。油彩とは違った表現を生み出すことのできるこのパステル画は、パステルならではの柔らかい色彩と軽やかなタッチが特徴。

この作品は10才の少女がモデルだが、少女の幼さと、これから大人へと変貌していく様子が丁寧に描かれている。パステルの柔らかさの中にも、表情がくっきりと浮かんでいる。

この作品を前にすると、少女の目に引き込まれてしまうだろう。水色の洋服には所々で緑と紫が混じり、非常に柔らかな印象だ。作品は赤い壁に掛けられており、この壁の効果も相まって、少女の可憐さが更に引き立っているようだ。

ピエール=オーギュスト・ルノワール<<庭で犬を膝にのせて読書する少女>>1874年 油彩/カンヴァス 吉野石膏コレクション

ルノワールの作品をもう一点紹介したい。

女性が周りの木々に溶け込むように描かれている。子犬と、女性の左手にわずかに描かれた黒い線の黒色が絵を引き締めるアクセントとなっている。女性の右ひじには木漏れ日のハイライトが白く当たっており、これらの画法は、後にルノワールの代表作となる<<ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会>>に通じている。

なお、ルノワールは合計7点が展示されている。

エドガー・ドガ<<踊り子たち(ピンクと緑)>>1894年 パステル/紙 吉野石膏コレクション

舞台裏で自分の出番を待っている踊り子たちを描いた、緊張感が漂う作品。後ろ姿からは、今か今かと待ちわびる彼女たちの気持ちの高ぶりが見て取れ、その動きのある一瞬を切り取ったスナップ写真のようだ。

スカートに見られるピンクから緑へのグラデーションもとても美しい。

ジャン=フランソワ・ミレー<<バター作りの女>>1870年 油彩/カンヴァス 吉野石膏コレクション

この絵画には、暗い室内でバター精製の作業を行う女性がとても美しい色調で描かれている。

このバター精製の作業は一時間以上もかかるそうだ。足元には猫がすり寄り、右奥に見える農場からは鳥がこちらを伺っており、農村の暮らしぶりが丁寧に描かれている。作品の右下にはだまし絵風のサインが入れられているので、ぜひ見つけていただきたい。

ミレーといえば<<落穂拾い>>が特に有名だが、ミレーは労働者や身近にある何気ない自然を大切に描いた。その何気ない日常こそが美しいのだと、優しく訴えかけてくれる。

ほかにも、シスレーの色彩豊かで穏やかな風景画や、ピカソの珍しいパステル画、更にシャガールの10点にも及ぶ油彩画は圧巻の一言。シャガールに関しては国内有数の質と量を誇るので、ぜひ会場で鑑賞し、シャガールの世界を体感していただきたい。

筆者の感想

作品を飾る背景の壁の色にも注目した。赤、緑、青などの様々な色の壁を使い、画家とその作品の素晴らしさを更に引き立てているように感じた。じっくりと鑑賞できるスペースで、順路を進んで回廊を渡る際には、一瞬だけ中庭が見える箇所があるのも素敵だ。

印象派や、その先の時代の絵画がどのように変化していくのか、絵画の歴史や美術の知識もおのずと増えていく構成になっている。温かみのある作品ばかりで、鑑賞した後にはほっとやさしい気持ちになれること間違いなし。作品だけでなく、三菱一号館美術館の赤レンガの温もり、回廊の美しさなど、美術館自体にも癒されるポイントがたくさんある。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。