人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

話題沸騰の渋谷スクランブルスクエア1階~地下2階は食のパラダイス!注目のスイーツとグルメを一気にチェック

2019.11.17

東急フードショーエッジ(1F/B2F)

 1階には洋菓子のショップ、地下2階には惣菜やベーカリーといったランチや中食に重宝する日常使いのできるショップで構成されている。

〇MORI YOSHIDA PARIS(モリ ヨシダ パリ)/1F

 パリ7区のブルトゥイユ通りにある、吉田守秀氏がオーナーパティシエを務める「MORI YOSHIDA PARIS」が日本初上陸。シンプルでおいしいとパリで評判のスイーツが日本でも味わうことができる。ドレープのように絞られたクレームモンブランが美しい「モンブラン」(918円)は注目の一品。中心のシャンティイにはマロンが加わり、パイ生地の一種であるパートフィロが食感のアクセントに。

〇参和院/B2F

 日本初上陸の台湾料理「参和院」の惣菜ショップ。中華総菜、点心などが揃う。1日50個限定の「キャラクター包子」は、パオパンダ(380 円)、パオはりねずみ(400 円)、パオきのこピンク(380 円)の各キャラクターの包子3 点セット。

〇ティエリー マルクス ラ ブーランジェリー/B2F

 ミシュランで5度星を獲得したティエリー・マルクス氏のベーカリーが日本初登場。おすすめはマルクス氏のスペシャリテ「ブリオッシュ フィユテ」(1620円)。食べ応えのあるボリュームで(下記画像右下)、バターの芳醇な香りと、外側はカリッと内側はしっとりとやわらかな食感に仕上がっている。

〇CREMAMORE PIÙ(クレマモーレ ピュウ)/B2F

 ミラノ発の人気ジェラート店の新業態。見た目も鮮やかな、新鮮なフルーツを食べているような新感覚のジェラート。100種類以上の中から厳選されて店頭に並ぶオリジナルフレーバーは、選ぶのに迷ってしまいそう。1種盛り「ピッコロ」(551円)、2種盛り「メディオ」(601円)、3種盛り「グランデ」(651円)、プレミアムフレーバーは+100円。

〇Urth Caffé(アースカフェ)

 アメリカ西海岸発のオーガニックコーヒー店で、日本で7号店となる渋谷スクランブルスクエアは、Urth Caffé初のテイクアウト専門のコーヒースタンド店舗となる。大人気のボバシリーズに限定商品「ミックスベリーボバ」(681 円/11月20日まで)が登場。ラズベリーミルクに4 種のベリーコンフィチュールをミックス、ストロベリーホイップとラズベリークランチをのせたド派手なビジュアルながら、甘すぎないほどよい仕上がりに。ミックスベリーの果肉感と、ボバのもちもちした食感のハーモニーも楽しい(下記画像は試食用のハーフサイズ)。

【AJの読み】めくるめく食の世界で1日では全部見ることができない

 1階は「エキュートエディション」「東急フードショーエッジ」の、スイーツをメインとしたショップが並ぶ。全体的には洋菓子が多く、渋谷を訪れる若い年齢層を意識したラインナップだろうか。

 東急フードショーは駅を挟んだ向かい側にある東急東横店にもあり、東急東横店では肉、魚、野菜といった生鮮食品も扱っているが、渋谷スクランブルスクエアは、中食やランチに対応したお惣菜やお弁当の店が主体。地下1階にはスーパーマーケット「Gourmand Market KINOKUNIYA(グルマン マーケット キノクニヤ)」が入っているので、夕食のお買い物は1か所で完結できそう。

 1階~地下2階まではめくるめく食の世界で、1店ずつじっくりと店舗をチェックするには1日では足りないかも。初めて訪れる際は公式サイトで事前にチェックしていくのがおすすめ。

文/阿部 純子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。