人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

激安酒場のノリは世界共通!?マレーシア・ペナン島の〝角打ち〟潜入レポート

2019.11.16

盛り上がれ、インターナショナルに!

 でこの白ワインのハーフがいくらかっていうと……前の写真に大きく値札が張ってありましたね。18リンギットです。日本円にすると約450円。

 これって高いのか安いのか? 日本の安い呑み屋でワインとか呑まないから、ちょっと日本の格安酒場のワインの価格を調べてみた。すると、あの有名格安立ち呑みチェーン『BPY(仮名)』のグラスワインが270円。ってことはハーフボトルだったらグラスワインで2杯以上は確実にあるから、これも安いかぁ〜!

 で、呑んでると店の回りはますます盛り上がってくる!

 店の横では鶏の唐揚げを売ってる屋台みたいのも出てくる。

 オ〜ッ!! これがマレーシアの角打ちっつうか道打ちじゃあ〜なんて感じになってくる!

 そして空にはキレイなインド洋の月がポッカリ浮かんでたりする。

 と思って載せた写真をよくよく見れば、月じゃなくてただの街灯だったりする。

 こりゃあ本格的に酔ってきたな〜オレ! なんてますますイイ気分になってくる。

 それにしてもこの店、オレがネットで見つけたくらいだから、バックパッカー的なツーリストには有名みたいで、地元の酒呑みもいるけど、よそ者の観光客も臆することなく躊躇せず呑める。それがうれしい! 角打ちの中には、常連ベッタリの店もあるからね。

 これぞインターナショナル角打ち……いや道打ちですよ!

 場所はね、ジョージタウンで一番古いといわれてる仏教寺院『観音寺』の横の道を入ってすぐ……って書かれても意味わからないだろうけど、調べりゃすぐわかる! 営業は深夜1時近くまでやってるらしい。

 しかし、そこまで呑んでもいられない。なぜならこのジョージタウンに、呑みの締めにピッタリな麺類をこれまたネットで見つけてしまい、それも食べたかったからだ!

 その麺類……ペナン名物のペナンラクサともまた違う、かなりローカルな激旨麺料理に関しては、『@DIME』でのゲンティン ドリームの記事本編(3回連続予定!)を読め!! ではありますが、予告っぽくその麺類をモザイクかけてチラ見せ!

 ね? この赤さ! ちょっと呑み締めにカッ込みたい感じでしょ? そこらは本編記事を待て!

文/カーツさとう

コラムニスト。グルメ、旅、エアライン、サブカル、サウナ、ネコ、釣りなど幅広いジャンルに精通しており、新聞、雑誌、ラジオなどで活躍中。独特の文体でファンも多い。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。