人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

賛同企業が続々!オリンピック開幕に向けて東京都が推進する新しいワークスタイル「スムーズビズ」

2019.11.26

スムーズビズ

スムーズビズ

 開幕まで300日を切ったオリンピック。メイン会場となる東京では、大会期間中の交通混雑緩和を図りながら、働き方を変えていくための取り組みが行なわれている。それがテレワーク、時差Biz、交通需要マネジメントからなるスムーズビズだ。これまでの取り組みを東京都都市整備局の小松弘尚氏に聞いた。

「今年の夏は『スムーズビズ推進期間』として、企業などの皆様に交通混雑の緩和につながるテレワーク、時差出勤、配送の工夫などに取り組んでいただきました」

 効果はどうだったのか?

「例えば、取り組みのピークを合わせた7月24日は、浜松町駅や都庁前駅で8時台の出場者数が前年同曜日と比べ、約12%減少しました」

 都の本庁舎の職員も7月22~26日の期間に原則、朝8~10時まで公共交通機関の利用を控えるなどの取り組みを行なった。

「期間中は子供を保育園に送って自宅に戻り、テレワークして10時以降に出勤。職場でしかできない仕事が何かを整理してメリハリをつければ、スムーズに仕事ができると感じました」(小松氏)

 来年の夏のおもてなしの準備は着々と進んでいるようだ。

 今回のオリンピックでは選手村など施設面だけでなく、快適な通勤環境やテレワークによる生産性の向上などソフト面でのレガシーにも注目。働き方を見直すきっかけとなるはず。

スムーズビズ

オリンピック期間中の混雑を緩和するのが目的だが、これをきっかけにビジネスパーソンのワークスタイルが大きく変わる可能性が高い。

スムーズビズに取り組む企業

取材・文/渡辺雅史

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。