人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コンパクトなのに8K 30fpsと4K 120fpsの映像が撮れる!Kandao Technologyの8K360度カメラ「QooCam 8K」

2019.11.14

Kandao Technology は、 13日〜15日幕張メッセで開催される音と映像と通信のプロフェッショナル展「Inter BEE 2019」で日本初となる「QooCam 8K」の展示を実施する。また、 「QooCam 8K」に加えて、 AI の技術を搭載し、 マイクやスピーカー、 360度カメラを一台に集約したWEB 会議カメラの「Kandao Meeting」も展示を行なう。

さらに、「Obsidian R」カメラとKandao Liveソフトウェアによる撮影、 処理、 再生の3D 8K VRライブストリーミングソリューションの体験も実施する。

国内外で評価され、 多くの賞を受賞した360度カメラを独自開発したKandaoは、 これまでのイメージング技術の経験を生かして、 新製品「QooCam 8K」を開発した。

360度カメラの画質が低いという超えられない壁を突き抜けた「QooCam 8K」は、 画質、 性能、 編集、 いずれも360度カメラの可能性を再定義する画期的なカメラ。

QooCam 8K(クーカム ハチケイ)は、 世界最小のタッチスクリーン付き8K 360度カメラ。 「QooCam 8K」は、 1 / 1.7インチの大型センサーを搭載することで、 驚きの8K 30fpsと4K 120fpsの映像をキャプチャでき、 APS-Cレベルの超高画質を実現する世界初のコンシューマー向け360°カメラとなっている。

2.4インチのタッチスクリーンを備えた「QooCam 8K」は、 ポケットに収まるほど小さく、 いつでもどこでも最高の瞬間を編集して共有可能。

「QooCam 8K」は4K/120fpsの動画撮影にも可能であり、 日常生活からスポーツまであらゆるシーンで活躍。 さらに、 Kandao独自のAI Slow Motion技術を活用して、 元の4K 120fpsから最大8倍スローモーションな動画にコンバートできることで、 4K 960fpsの超スローモーション動画を生成することが可能だ。

そのほか「QooCam 8K」は2.4インチのタッチスクリーンを搭載し、 撮影時のプレビューだけではなく、 再生とパラメータ調整もできる。

これは、 コンシューマーVRカメラで最大且つ便利なタッチパネル。このサイズのタッチスクリーンを使えば、 誤動作を防止できる他に、 構図、 そしてFOVやISOやホワイトバランスなどのパラメータ調整にも最適なサイズとなる。

多彩な機能を実装したタッチスクリーンがあれば、 スマホがなくても手軽に360度撮影を楽しめる。

また、「QooCam 8K」 は、 SuperSteadyの手振れ補正機能を搭載しており、 あらゆるの高速アクションショットでも優れた安定性を実現。 QooCam 8KのSuper Steadyは、 最新の6軸ジャイロスコープ、 内蔵のIMUセンサーや独自のアルゴリズムを使用している。

「Inter BEE 2019」
http://www.inter-bee.com/ja/

関連情報:https://www.kandaovr.com/ja/

構成/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。