人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

やっぱり面白い!ヒラメ、マハタ、アマダイ、海釣りを通してこの1年で学んだこと

2019.11.16

今年1年、アマダイを中心に行ってきた海釣り。どんな釣り道具が効果的だったのか、釣りのプロの極意などをまとめてみた。

海釣りを1年通してやってみたら…

運か、実力か?葉山沖でアマダイ釣りの名人に挑戦!結果は…

僕が釣りに行くときは、ほとんどが釣友(であり飲友であり旅友)の正林さんと一緒だ。この正林さん、アマダイをよく釣る。3年ほど前からふた桁以上同釣しているが、毎回僕より正林さんがいい思いをする。それもちょっとやそっとではなく、かなりだ。前回9月終わりの時はまったく釣れない僕が、釣りまくる正林さんの自作仕掛けに変えた途端、釣れるようになった。とはいえ大きいのを釣るのは正林さん、僕には中小型ばかりだった。

【参考】https://dime.jp/genre/802899/

ヒラメ、マハタ、アマダイ、外房の海釣り3連チャンで大物に挑戦

7月初旬に真鶴で鬼カサゴを釣って以来、この夏は釣りに行く予定日が5回連続天候不良で釣行断念が続いた。その無念を晴らすべく、9月は怒濤の(?)3連釣行、その模様をお伝えしたい。  まずは9月7日、外房・大原港からのヒラメ釣りだ。相棒は例によって釣友の正林さん、船は正林さんが高校球児時代のライバル校選手が船長を務める松栄丸(この日はその弟さんが船長)だ。今期のヒラメ釣りは始まったばかり、釣り場もまだ荒れず好釣果が期待できる。当日は快晴の土曜日ながら船はガラガラ、しかもポイントに到着するや「今日は潮がいいから、棚は高めでやって」とアナウンス。潮がいいとは、「海底の潮が程よく流れ、魚の活性が高く釣れる日!」という意味だ。僕の釣り経験では、「昨日までは潮が良かったのに今日は残念!」ということが多い。よって釣りに行くなら、“昨日”がベストとなる(?)が、今回は“昨日でなくて、今日がいい”。朝から入れ食いか!?

【参考】https://dime.jp/genre/783687/

三度目の正直で50cm超えなるか?葉山沖で春のアマダイ釣り

3月22日金曜日、今年3度目のアマダイ釣りに出かけた。例によって、相棒は釣友の正林さん。今期は2人とも、ターゲットたる50cmオーバーにはお目にかかっていない。釣り宿は今や定宿、50cm級狙いで有名な葉山・あぶづり港、たいぞう丸だ。同船のホームページには、連日のように少なからぬ50cm級が踊っている。三度目の正直、成るか!?

【参考】https://dime.jp/genre/694647/

アマダイ釣りの極意を学んだ日

今年2度目の釣りにして2回目のアマダイ狙いで、ついにアマダイ釣りの極意をつかんだような気がする。初釣りでは新規購入のアマダイ専用竿と釣具店店員氏曰く“最強のアマダイ釣り用天秤”の威力を試すべく、正月早々に葉山あぶずり港のたいぞう丸に乗ったが空振りに終わった。この顛末はこちらの記事にて。  予報では晴天かつ20度近くなるという釣り日和の2月20日水曜日、リタイア釣り師ならではの平日に、リタイア釣友の正林さんと再びたいぞう丸に向かった。前回は正月休み中で満船、片舷に9人という混み具合だったが、この日の釣り客は5名だ。僕は右舷一番前、正林さんは左舷一番後ろ、それぞれが最も好きな釣り座を選ぶ。予報通りの好天、暖か、そして船はガラガラと3拍子揃い、僕は好釣果を確信した。そうそう、前日から話題の、“朝日に映える”スーパームーンも観賞できた。

【参考】https://dime.jp/genre/673124/

正月の葉山沖で〝アマダイ釣り最強の天秤〟の力を試す

1月4日、アマダイを狙って初釣りに出かけた。4日は金曜日とはいえ、仕事始めは7日からの会社が多く、船が混み合うのは必至だ。リタイア釣り師は7日以降の平日に行けばいいのだが、昨年の納竿予定日が悪天中止となり、11月下旬以降釣りをしていない。禁断症状は出ないものの、腕がうずくし4日の予報は好天、満船覚悟の釣行と相成った。  釣友の正林さんと、デカアマ(50cm級のアマダイ)狙いで有名な、葉山あぶづり港のたいぞう丸に向かう(約1年前のたいぞう丸釣行記はこちらを参照)。その正林さん、年末にアマダイ狙い、そしてハタ狙いで単独釣行を試みるも、ともにアタリひとつない惨敗だったという。「釣りは運次第」がモットーの正林さんなので、運がない日がたまたま2回続いたと考えればいいと思うのだが、「釣れる気がしない」と弱音を吐き、「今年はゴルフの回数を増やそう」と転向をほのめかす。

【参考】https://dime.jp/genre/650605/

アマダイを釣るなら複数魚対応竿より専用竿が賢明な選択か?

ダイワとシマノは、釣り具の2大総合メーカーだ。竿ならダイワ、ウエアならシマノといった定評を聞いたことはないが、僕は特に理由もなく竿とリールはダイワ製品、ウエアとクーラーはシマノ製品を愛用している。  今回は竿の話なので、ダイワ製品が具体例となる。竿を約300本所有していて、先日中古店に100本ほど下取りに出したという釣友の正林さんとは違って、僕の釣り竿は3本だけだ。鬼カサゴ用の硬い竿、ハタ用の少々硬めの竿、ヒラメ用に購入しイサキやアマダイでも使う軟らかい竿の3本で、どれもダイワ製品だ。

【参考】https://dime.jp/genre/631766/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。