人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

働き方改革で余暇が増えたのに支出が増えがちな食費と飲み会の節約術

2019.11.13

家族と一緒に過ごすときに発生しがちな「無駄支出」の削減術

食費のほかにも、家族と一緒に過ごす時間が増えることで、他の費目にも無駄が生じることもあるだろう。無駄が発生しやすい費目について、原因と対策を藤田さんに教えてもらった。

1.レジャー費

「家族で過ごす時間が増えると一緒に外出することも増えるので、その際の入場料や利用料などの支出が発生しがちです」

【対策】予算管理をする

「上手な家計管理法は、収入から貯蓄をあらかじめ引いて残ったところから支出をすることです。家族との時間が増えたからといっても、収入や貯蓄に変化がないのであれば見合った支出を心掛けることが大切です」

2.ガソリン代

「家族で外出すると、一般的に自家用車を利用することが多くなり、ガソリン代も増してきます」

【対策】定額で給油する

「資産運用でいうところの『ドルコスト平均法』、つまり定期的に一定額の金融商品を購入する投資手法を応用し、ガソリンは定額で給油するのをおすすめします」

3.交通費

「家族で外出すると、自家用車がない場合は交通手段を利用することになり、交通費がかかります」

【対策】鉄道フリーパス・定期圏内にする・レンタカー活用

「電車利用の際には、鉄道各社で発売しているフリーパスを活用する、移動範囲を定期圏内にするといった方法があります。またレンタカーを活用するのも場合によっては節約になるでしょう」

4.光熱費

「有給休暇の取得が増えても、家族で外出することもなく、自宅で過ごすこともあります。その際には冷暖房器具などの使用が増え、電気代やガス代が増してきます」

【対策】電力やガスの事業者の変更を検討する

「労力をかけずに支出を抑える方法として、大手電力事業者やガス供給事業者から供給先を変更することをおすすめします。また事業者の変更をするのは不安に思う方は、電力会社の利用プランを変更するだけでも効果がある場合があります。
また照明器具の電球や蛍光灯を、消費電力が少ないことから電気代が安く済むLEDに切り替えるのもいいですね。初期投資が必要ですが、今は以前と比べて大きく値段が下がっています」

5.通信費

「定額プランにしていれば特に影響はありませんが、使用実績に応じたプランにしている場合は、仕事以外の時間が増えることでスマホの通信料が増えることもあります」

【対策】定額プランへ変更する等

「通信料が増えた場合には定額プランへの変更を検討する方法があります。また格安事業者への乗り換えを検討するのも一つの方法です」

すでに帰宅時間が早まり、休日も多く取得できるようになってきたビジネスパーソンは、次にいかに支出を効率化するかというところにチャレンジしてみるのもよさそうだ。

ただ、働き方改革で多少支出が増えたとしても、必ずしもマイナスとは限らない、と藤田さんは話す。

「創出された時間により、増える支出があるかもしれませんが、その支出が将来の収入増につながるのであれば、それは支出ではなく投資と言えると思います。また時間はお金には代えられない家族との思い出を作ることもできるため、働き方改革は『時間の使い方改革』とも言い換えられるとも思います」

自身が何に価値を置くかによって、考え方は変わってくる。このことも留意しておこう。

【取材協力】
ファイナンシャルプランナー 藤田英明さん
子育て世帯向けFP。これまで証券会社、保険代理店、不動産会社で家計資産のコンサルティングに従事。さらに経営コンサルティング会社で法人向けのコスト削減コンサルティング経験もあることから支出に関する相談にも強みがある。
https://www.finance-laboratory.com/

取材・文/石原亜香利

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。