人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

30代女性が一生独身の場合、老後に必要な資金は3000万円!?貯金では追いつかないと気づいた女性が始めている資産運用術

2019.11.13

人生100年時代といわれている今、生涯独身であることを決めた女性にとって特に重要となるのが将来のための貯金だ。

彼女たちは、今、どんな貯金術を駆使しているのだろうか? その傾向ややり方を、株式会社日本財託で女性のためのマネーセミナー講師として活躍するファイナンシャルプランナーの川島麗子さんに聞いた。

女性たちが圧倒的に取り組む貯金方法とは?

マネーセミナーに参加する女性たちは、今、どんな貯金方法で貯金しているのだろうか? その傾向を川島さんは次のように話す。

「やはり『銀行で貯金』という方がほとんどです。しかし、預けているだけではお金がほとんど増えない今、それに気付いている感度の高い女性たちは『保険』を上手に活用して将来に備え始めています。万が一のための備えだけでなく、保険には金融商品という側面があります。いわゆる積立型や、外貨を保険に入りながら持てるタイプ、保険に入りながら投資信託で運用が行えるタイプ、など幅広い商品が出てきています。いずれも、一度始めてしまえば、株式の売買のような面倒くさい面が一切ない点が支持される一つの理由でしょう。中長期の資産運用において力を発揮してくれる存在として認識し、保険を役立てている女性は増えていると感じています」

「不動産投資」に興味を持つ女性が増えている!

銀行への預金や保険が主流な中、こんな方法を始める女性たちも増えているという。

「年収500万以上でキャリア志向も高い女性、いわゆる“バリキャリ女子”と呼ばれる方々の中で、『不動産投資』を資産づくりの方法として活用する方が増えています。お金をただ貯めるのではなく、収入源を作るという考え方です。もちろん投資ですのでリスクがゼロではありませんが、リスクを抑えた運用法を選べば、安定して効率的に資産を増やせます。中長期で、家賃収入という不労収入を得ることができます。不動産投資というと男性がやるイメージがあるかもしれませんが、実際、当社の不動産オーナーのうち約2割は女性、そのうち20代~40代女性の割合は4割を超えます。10年前、約50名だった女性オーナーは、今や約1,500名と30倍にも増えています。私もオーナーの一人です」

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。