人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

お手伝いしたら旅費がタダ!別荘が100円!国内で見つけたユニークなサービス6選

2019.11.08

日本はさまざまなサービスで溢れた国だが、こんな驚きのサービスまであるって知ってた?ここでは@DIMEが紹介したちょっと変わったものを紹介しよう。

置き傘のシェアサービスまで!

軽井沢の別荘がたったの100円!「空き家ゲートウェイ」で見つけた衝撃の100均物件

2030年頃には、2千万戸に届くと予想されている日本の空き家。現時点ですでに8百万戸を超えて社会問題化しているが、これに一条の光を投じるのが、2019年7月にスタートしたウェブプラットフォーム「空き家ゲートウェイ」だ。 「空き家ゲートウェイ」のコンセプトは明快で、「日本中の100均物件を網羅するマッチングサイト」というもの。 ここで言う「100均」とは、100円または100万円で買える空き屋物件のこと。家のオーナーが手放したいと考えているが、なかなか売れない、あるいは値段が付かない物件を、激安で本当に欲しい人に提供するサイトとなっている。

【参考】https://dime.jp/genre/764539/

世界初!日本発の人工流れ星プロジェクトにアナタも参加できるかも!?

その神秘性から、数々の神話や伝承に登場する流れ星。毎日のように地球に降り注いでいるが、一瞬のことなので、今まで見たことがない人の方が多いかもしれない。 そんな流れ星を人工的に降らせるという、夢のあるプロジェクトを実行に移そうとしているのは、宇宙事業ベンチャーのALE(エール)だ。 そもそも流れ星とは、宇宙空間に漂う微小な物質(宇宙塵)が、地球の大気圏に突入したときに発光したもの。流星群であっても、十数分に1個といった頻度で、華やかさの点では今一つ。

【参考】https://dime.jp/genre/722975/

月額4万円から全国住み放題!サブスクリプション型コリビングサービス「ADDress」の気になる中身

多拠点を移り住むことを前提とした新しいライフスタイル=「コリビング(co-living)」が、日本でも注目されている。 海外の一部の国ではよく知られているコリビングは、ノマドワーカーの増加や地域の人々との交流ニーズなど、いくつかの要因が需要の引き金となっている。例えば、米国では、約500万人がノマドワーカーとして働いている。ホステルやカフェを転々としながら仕事をする、非効率さを嫌う彼らの受け皿として、より落ち着ける環境で、ほどよく仲間・地域と交流ができる場が続々と増えている。中には、シェアハウスとコワーキングスペースが合体したようなところもあれば、食事付きというところもあり、形態は様々だ。

【参考】https://dime.jp/genre/704811/

1日70円で置き傘を利用できるシェアリングサービス「アイカサ」の使い勝手を検証

ウェザーニューズ社のアンケート調査によれば、都道府県別で1番ビニール傘を買っているのは東京都の人たち(1年あたり1.2本購入)。雨が降りそうな空模様でも傘は持たず、降ってきたら近くのコンビニなどでビニール傘を買う人が結構いることをうかがわせる。そのため、玄関の傘入れに何本ものビニール傘がささっていて損した気分、という方も多いのではないだろうか。 そんな、ふだん傘は持ち歩きたくないけど、ビニール傘を買うのももったいないと考えている人におすすめのサービスが登場したので、紹介したい。サービスの名称は「アイカサ」。2018年12月に渋谷区限定でスタート。2月に入ってサービスエリアを拡大しており、今後注目したいサービスだ。

【参考】https://dime.jp/genre/696168/

これも新しいマッチングビジネス!?宿泊先の仕事を手伝って地域の魅力を発信すると旅費がタダになるサービス「おてつたび」

「地方創生」という言葉ができて久しいが、大都市圏に住む人の大半にとって、地方は観光旅行先というイメージが先行する。そのため、観光資源が乏しいと見られている地域は、あまり注目されず、旅行者も少ないまま、さびれているところが多い。 その現状に風穴を開けようとする事業が幾つか登場しているが、その1つが今回紹介する「おてつたび」。

【参考】https://dime.jp/genre/696219/

トラックをシェアしてお得に引越す!人手不足も解消するシェアリングサービス「Hi!MOVE」

例年、3月中旬から4月中旬にかけては、進学や転勤などによる引っ越し需要が急増する時期。一方で、引っ越し業者の人手不足の深刻化から、需要の受け皿が不足する事態が社会問題化している。 今年は、ヤマトの引っ越し受注停止やレオパレス問題もあって、引っ越ししたくでもできない「引っ越し難民」は、前年より増えるという観測もある。

【参考】https://dime.jp/genre/696204/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。