人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

“ファブ5”がついに日本上陸!Netflixの人気リアリティー番組「クィア・アイ in Japan!」は涙腺崩壊確実

2019.12.26

【年末年始の一気見オススメコンテンツ!】『クィア・アイ in Japan!』(Netflix)

あの“ファブ5”が、ついに日本にやってきた!

悩める人々に寄り添い、本来持つ魅力を開花させるNetflixの大人気リアリティ番組『クィア・アイ』。11月1日からは、日本が舞台となるスペシャルシーズン『クィア・アイ in Japan!』が配信中だ。

“ファブ5”は、フード&ワイン・ファッション・インテリア・カルチャー・美容のプロフェッショナルで構成されるチーム。全員、同性愛者(ゲイ)という共通点がある。

今回は女優の水原希子がガイド役として出演、“ファブ5”に日本の文化やコミュニケーションマナーを教える。
そして第3話には、スペシャルゲストとしてタレントの渡辺直美が登場。悩める依頼者に、自身の体験談を交えつつエールを送る。

あらすじ

フード&ワイン担当:アントニ、インテリア担当:ボビー、美容担当:ジョナサン、カルチャー担当:カラモ、ファッション担当:タンから成る、ファビュラスなプロフェッショナル集団“ファブ5”。

アメリカで数々の実績を残してきた彼らが次なるお悩みを解決するべく目指したのは、日本だ。

謙虚で真面目だが、その反面内気で自己肯定感が低いと言われる日本人。果たして“ファブ5”はどう向き合い、どう変えていくのだろうか?

第1話は、ホスピス看護師として献身的に働く洋子さん。いつも自分より他人を優先させてきた洋子さんに、“ファブ5”は「自分をケアすること」の大切さを伝える。

第2話は、日本で生きづらさを感じているゲイの寛さん。“ファブ5”は同じゲイとして、寛さんの心を包み込む。

第3話は、イジメを受けた時の心の傷が癒えず、自信が持てないイラストレーターの香衣さん。渡辺直美が特別ゲストとしてサプライズ登場し、香衣さんを激励する。

第4話は、コミュニケーションが苦手なラジオディレクターの誠人さん。愛する妻とも正面から向き合う勇気が持てないでいた誠人さんだったが、“ファブ5”の協力のもと少しずつ変わっていく。

見どころ

“ファブ5”も4名の依頼者も、とにかく人間的魅力に満ちあふれている。悩みを抱えながらも一生懸命前向きに生きようとする姿が、それぞれとても美しく、愛おしく感じた。

“ファブ5”の最大の強みは、何と言っても“人に寄り添う力”だと思う。

各分野のプロフェッショナルだからといって、それを上から目線で押し付けることはしない。専門知識やテクニックを振り回して他人を従わせるのではなく、ハートで共鳴しながら手を取り合って一緒にゆっくりと歩んでいくのが彼らのやり方だ。

依頼人の心の声にじっくりと耳を傾け、共感を示し、丁寧に言葉を選びながら心を解きほぐしていく。今回は日本が舞台なので通訳を介しているのだが、心の底から湧き出た強い想いは、簡単に言語の垣根を超えてダイレクトに伝わっていくのだ。

『クィア・アイ in Japan!』を観る前には、必ずティッシュのご用意をお勧めしたい。「ベタな感動作では絶対に泣かないぞ」という人でも、きっと涙腺崩壊してしまう作品だ。

Netflixオリジナルシリーズ「クィア・アイ in Japan!」
Netflixで独占配信中

文/吉野潤子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。