人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

そろそろ食べたくなる季節!どぶろくと絶品黒おでんが楽しめる女性同士でも入りやすい六本木の「おでん屋 ずぶ六」

2019.11.06

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

六本木の人気店「びぃすとろ 汁べゑ」から引き継いだ黒おでん

 10月末に六本木にオープンした「おでん屋 ずぶ六」は、同じ六本木にある「びぃすとろ 汁べゑ」から引き継いだ黒おでんが楽しめる。「汁べゑ」よりもカジュアルな雰囲気で、縄のれんをくぐると、畳敷きのテラス席や立ち飲みカウンターなどがあり、路地裏にある大衆酒場の趣だ。

 たまり醤油にかつおと煮干し、しじみのうまみを加えた真っ黒なだし汁で、半日かけて煮込んだおでんはしっとり柔らかく、中まで味がしっかりと染みている。「黒おでん」(120円~/税込以下同)は大根、玉子、がんもなどの定番おでん種や、自家製のつみれ、海老しんじょう、トマトなど約20種類を用意。大根と玉子に当日のおすすめ4品を合わせた6品の「盛り合わせ」(1000円)もある。

 おでんだけでなく、生本マグロも同店の売りで、「本マグロ骨付き中落ち刺し」(1人前780円、注文は2人前から)、希少部位を使った「本マグロ脳天トロ串」(1本580円)もおすすめ。ユニークなメニューでは、スイーツ系つまみの「マスカルポーネチーズタワー」(780円)、ウニ、いくら、あん肝、たらこ、かになど、罪悪感はあれどたまらない食材で構成された「痛風盛り」(1980円)も。

 ドリンクメニューで店のイチオシは、りんごや洋梨といった季節の果物をミキサーですりおろした「まるごとすりおろしサワー」(各700円)。定番レモンサワー(500円)、泡盛「残波」を使用した「親父のレモンサワー」(500円)など。日本酒も各種揃えており、1合(480円~)、熱燗は小(680円)、大(980円)。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。