人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

なぜこんなところに!?と突っ込まずにはいられない不思議なインテリア雑貨4選

2019.11.05

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

「世の中にすでに存在する作品を利用して新しい作品を生み出す」これは古くから行われている技法だ。和歌の世界では「本歌取り」という技法があるし、造園においては「借景」という技法が有名だ。芸術の各分野で見られるパロディもそのひとつだろう。このように既存の作品を利用すること自体は珍しいことはでないが、今回紹介するモノたちがそれらと異なるのはその使いどころである。「なぜこんなところに?」と思わずにいられないモノたちは、私たちの新たな感覚を刺激してくれることだろう。

ギザギザデザインに目を付けた?『切手のリング』

 名前がそのまま示している通り、こちらのリングがモチーフにしているのは切手。言うまでもなく、枠の中に指を通して使用する。こうして見ると、確かに切手のギザギザ模様というのはそれだけでデザインとしているのでリングとするのはアリな気がする。ところで、丁寧に添えられている「80」の金額表示。この金額があるとないとでは切手であることの分かりやすさは全く違うのだが、その一方でこの数字があるおかげで指にはめたときに痛そうな気がするのは私だけだろうか?製作者もコメントしているように、むしろネックレスとして使用する方が快適かもしれない。価格は税込み12,000円でハンドメイド作品の通販・販売サイトの「Creema」から購入することができる。ちなみに切手が50円・80円で販売されていたのは2014年4月の増税前までの話。なぜ82ではなく80の数字を使ったのかは謎である。

占い的には正解かもしれないが…『2段ベッドのリング』

 初見ではその正体が分からず説明されてやっとその正体が分かり納得する、そんなモノなら世の中に溢れている。しかし、説明されてもよく分からない、というかむしろ混乱するモノとなるとそうそう出会えるものではないだろう。『2段ベッドのリング』は名前が示す通り、2段ベッドをモチーフにしたリングになっており、上段と下段の間に指を通す感じになる。指を通すまではまるでボードゲーム「モノポリー」に出てくる駒のような愛らしい様なのだが、指を通した途端に何とも言えない残念感が漂うのが斬新だ。小さい子どもは指にはめられるものがあれば何でもはめてしまうところがあるが、そのような幼稚さを連想させてしまうからだろうか。ちなみに2段ベッドというのは夢占いにおける恋愛運を暗示させるモチーフであるとのこと。占い的には正しくとも着けているビジュアル的には…と、ユーザーに悩みをもたらすアイテムになりそうだ。価格は税込み18,000円でこちらもハンドメイド作品の通販・販売サイトの「Creema」にて販売されている。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。