人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

これって8%?10%?軽減税率のグレーゾーンを解説

2019.11.06

戸惑いながら支払いをしている人も多いと思う。が、さすがに1ヶ月過ぎて慣れてきたと思うあなたは、以下の場合どっちか答えられる?チェックしてみよう。

【1】コンビニやパン屋さんのイートインスペースで食事した場合

購入した商品をトレイで座席に運んだり、返却が必要な食器で提供されると外食扱いで10%に。持ち帰りが可能な状態の弁当やお総菜の場合、購入者がイートインの意思を示した場合以外は8%となる。

【2】テークアウトするつもりだったが、気が変わってフードコートで食べた場合

判断の基準は販売時点での判断なので、この場合はテークアウトとして8%に。逆にイートインの予定をテークアウトに変更した場合でも、イートインとの判断で10%に。原則差額分は返金されない。

【3】露店や屋台、移動販売車で食事を購入して食べた

販売者が用意しているいすやテーブル、カウンターで食べた場合は外食扱いで10%に。用意していないが公共のベンチなどで食べる場合は飲食設備とみなされず、軽減税率適用となり、8%に。

【4】おまけ付きのお菓子や食品が入っている福袋は?

どちらも価格1万円未満で食品の割合や価値が3分の2以上を占めると、8%となる。ちなみに野球などの「カード付きチップス」はカードの価値が価格の3分の2以上と判断されており、何と軽減税率適用外!

※掲載している情報は10月1日時点のものです。

取材・文/高山 恵

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。