人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

通常のイオンカードにはないオリジナル特典や機能がたっぷりの「イオンカードセレクト」で得する知恵

2019.11.06

みなさんは「イオンカードセレクト」というものをご存じだろうか?  このカードは普通のイオンカードの特典はそのままに、独自の特典・機能を追加したお得なものとなっており、イオンでよく買い物するという人に特におすすめしたい。そこで今回は「イオンカードセレクト」のメリットはもちろんデメリットも紹介することで、カード選びの参考にしていただきたい。

イオンカードとは?

「イオンカードセレクト」について説明する前に、まずは普通のイオンカードについて簡単に紹介していく。

イオンカードとは、イオン銀行が発行するクレジットカードで入会金・年会費無料で利用できる。また、イオンカードには、電子マネーWAON機能が付いた「イオンカード(WAON一体型)」や、55歳以上の方限定で毎月15日のお買いものが5%OFFになる「イオンカード(G.Gマーク付)」など複数種類が存在する。

イオンカードセレクトとは?

「イオンカードセレクト」とは、イオン銀行のキャッシュカードとクレジットカード、電子マネーWAONが1枚になったカードである。下記のようなイオンカードの特典はそのままに、「イオンカードセレクト」にしかない特典もあり、お得なカードといえるだろう。また。こちらも普通のイオンカードと同様に入会金・年会費は無料となっている。

イオンカードと共通の特典

・ イオン・ダイエー・マックスバリュなどイオングループの対象店舗ではときめきポイント2倍

・ 毎月20・30日の「お客さま感謝デー」ははお買い物金額からその場で5%オフ

・ 毎月15日は5%オフ(55歳以上限定)

・ ときめきポイントクラブの優待加盟店(コスモ石油・日本航空など)でお得

イオンカードセレクトの審査は甘い?

「イオンカードセレクト」はクレジットカードも一体となっているので、当然審査は必要だ。ただし、イオンカードセレクトでは、申込基準に収入や職業での制限が設けられていない。比較的エントリーしやすいといえるだろう。下記がイオンカードセレクトの申し込み基準である。

・18歳以上(高校生不可)で電話連絡可能な方

・未成年の方には親権者の同意が必要(後日、電話での確認がある)

イオンカードセレクトのメリット

ここからは普通のイオンカードにはない「イオンカードセレクト」独自のメリットを紹介していく。

WAONチャージでポイントが貯まる|オートチャージも可能

イオンカードセレクトは、電子マネー「WAON」へのチャージでポイントが付く唯一のカードで、オートチャージも可能となっている。WAONへのクレジットチャージで、0.5%分のポイントが貯まる仕組みだ。そのため、「イオンカードセレクト」では、WAONにチャージされる金額の「0.5%」と、WAONで支払った金額の「0.5%」のポイント2重取りが可能になり、還元率は「1.0%」になる。

各種公共料金の支払いでポイント付与

電気、携帯電話、ガスなど公共料金の口座振替1件につき、毎月5電子マネーWAONポイントが付与される。

イオン銀行普通預金金利が最大で年0.15%

イオン銀行との取引状況に応じてステージが決まり、最高ステージの「プラチナステージ」になると、以下の特典を受けられる。

・ イオン銀行普通預金金利が年0.15%

・ 他行ATM入出金利用手数料が月5回まで無料

・ 他行宛振込手数料が月5回まで無料

ショッピング保険が付帯

「イオンカードセレクトには」ショッピング保険が付帯も付帯している。補償限度額は年間50万円と低めの設定ではあるが、補償期間が180日間と長めになっている。

イオンカードセレクトのデメリット

メリットもあればデメリットも付き物ということで、ここから「イオンカードセレクト」のデメリットについて紹介していく。

旅行傷害保険が付帯していない

デメリットの1つとしては国内旅行傷害保険・海外旅行傷害保険が付帯しないことが挙げられる。年会費無料の旅行傷害保険が自動付帯するカードは他にもあるので。そのようなカードをサブカードで保有すれば、このデメリットは解消できるだろう。

イオングループ以外では還元率が平凡

イオングループ以外の店舗でイオンカードセレクトを使っても、ポイント還元率は0.5%と低めなのはデメリットといえるだろう。前述のとおり、イオン・ダイエー・マックスバリュなどイオングループの対象店舗ではポイント2倍となる。

家族カードには一部機能がなし

「イオンカードセレクト」のイオン銀行キャッシュカードの機能がない(電子マネー「WAON」の機能は搭載)。キャッシュカード機能を希望する場合は、別途「代理人カード」の申込が必要だが、代理人カードには電子マネー「WAON「機能が搭載されておらず、どちらにせよ本カードとは搭載機能が異なっている。

賢い使い方でよりお得に

これまで説明してきたように、多少のデメリットはあるとはいえ、「イオンカードセレクト」は色々な種類が存在するイオンカードの中でも、オリジナルの特典が充実していてお得なクレジットカードと言える。特にイオングループでの利用においては、特典も多く強さを発揮するカードなので、イオンユーザーは「イオンカードセレクト」を賢く使ってみてほしい。

※データは2019年11月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。
※本記事はカードの利用を推奨する目的はありません。あくまで自己責任にてお願いします。

文/praia

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。