人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

タイカン、911、カイエンSクーペ、718ボクスター&ケイマン、今年発表されたポルシェの新型車をおさらい

2019.11.05

【今年発売のポルシェ新型車】関連記事を@DIME記事の中から4本を厳選して紹介。

今年発売のポルシェ新型車

ポルシェ「タイカン」

先月開催されたフランクフルトモーターショーでフォルクスワーゲンID.3に次いで大きな注目を集めていたのがポルシェ初の量産電気自動車となるタイカンである。ID.3が電動化時代の底辺を支えるモデルだとすれば、プレミアム4ドアクーペのタイカンは電動車の頂点を担う存在と言えるだろう。もちろん、デザイン、ボディサイズ、性能を見る限り、電気自動車の先駆者としてアメリカを中心に人気を博すテスラモデルSを強く意識しているのは想像に難くない。正式発表は1週間前に欧米中の3か所同時で行われていたが、一般公開は今回のフランクフルトショーが初めてとなる。

【参考】0-100km/hの加速は2.8秒、最高速度は260km/h!量産電気自動車「タイカン」が示すポルシェの本気度

ポルシェ「911」

時代を越えて進化し続けるスポーツカーといえば、ポルシェの「911」ではないだろうか。 911はメカニズムとテクノロジーの本質を理解し、その可能性を信じる技術者と職人が魂を込めて作り上げたスポーツカーだ。 優れた信頼性と耐久性、ボディの圧倒的な剛性感、安心感に溢れる走行性能などは、ポルシェが長年掛けて培った信念を反映している。

【参考】道路や天候に左右されにくい安定したロードホールディングを実現したポルシェの新型「911」の魅力

ポルシェ「カイエンSクーペ」

ポルシェAGはパワフルなカイエンクーペのモデルレンジに、最高出力324kW(440PS)を誇る2.9リッターV6ツインターボを搭載するカイエンSクーペを追加する。 550Nmの強大なトルクは力強い加速を実現し、停止状態から100km/hまでは標準装備のスポーツクロノパッケージによってわずか5秒で達し、オプションのライトウェイトスポーツパッケージを装着した車両では4.9秒になる。

【参考】最高出力324kW、最大トルク550Nm!2.9ℓV6ツインターボエンジンを搭載したポルシェ「カイエンSクーペ」登場

ポルシェ「718ボクスター」「718ケイマン」

今年3月に行なわれたジュネーブモーターショーで、ポルシェは新型「911カブリオレ」と「718ボクスターT」「718ケイマンT」という2モデルの新型車を出展した。同社は例年、未来を見据えたコンセプトカーや話題性の高いニューモデルを、しかも複数台持ち込み、しかも、それらの多くはジュネーブショーが正真正銘の初お披露目となる場合が多かった。

【参考】ポルシェ「718ボクスター」と「718ケイマン」に新たに加わった新グレード〝T〟とは?

構成/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。