人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

フルモデルチェンジの「タント」からマレーシア向け「アルス」まで今年発売されたダイハツの新型車をおさらい

2019.11.02

フルモデルチェンジしてさらに人気の「タント」や、「タントRS」の情報と、マレーシア市場で発売された「アルス」まで、ダイハツの今に迫る。

スーパーハイト系の「タント」

ダイハツ「タントRS」

ダイハツ・タントはこれまで、両側スライドドア、Bピラーレスのミラクルオープンドア採用のプチバンとして、子育て世代にアピールしてきたスーパーハイト系軽自動車だった。 スーパーハイト系軽自動車の人気ぶりは、新車販売台数ランキングでも明らかで、2019年7月のランキングでは1位がホンダN BOX、そして3位にダイハツ・タントがつける勢いである。

【参考】走り、居住性、先進安全装備、全てにおいてダイハツの本気度が窺える新型「タントRS」

ダイハツ「タント」

今、日本でもっとも売れているクルマの上位5台はなんだろうか。実は、5台中、3台がスーパーハイト系と呼ばれる軽自動車である。2019年7月の国内新車販売台数を例に挙げれば、1位ホンダN BOX、3位ダイハツ・タント、5位スズキ・スペーシアとなる。 注目すべきは、7月9日にフルモデルチェンジしたばかりのダイハツ・タントがいきなり3位にランクインしていること。タイミング的にその中には旧型が含まれるものの、発売後1カ月の受注は、月販目標の12500台に対して、約37000台と、約3倍に達しているという人気ぶりで、多くのバックオーダーをかかえているという。

【参考】小は大を兼ねる!乗ってわかったダイハツの4代目新型「タント X」の○と×

ダイハツ「タント」

ダイハツが2019年7月9日(火)に発売した新型「タント」の累計受注台数が、発売後約1ヶ月時点で、月販目標台数(12,500台)の約3倍となる約37,000 台となり、好調な立ち上がりとなった。 新型「タント」は 、室内空間の広さに加え、「ミラクルオープンドア」を生かした新しい使い方「ミラクルウォークスルーパッケージ」を実現し、使い勝手の良さをさらに向上。

【参考】ダイハツの新型「タント」の累計受注台数が発売から1か月で当初目標の3倍を記録

ダイハツ「アルス」

近年、世界的にSUV人気が高まりつつある中、マレーシア市場でも同様のニーズが高まっている。そんな中、ダイハツ工業のマレーシアにおける自動車生産・販売の現地合弁会社であるプロドゥアからコンパクトSUV『アルス(ARUZ)』が登場した。

【参考】ダイハツがマレーシアで衝突回避支援システムを搭載した新型コンパクトSUV「アルス」を発売

構成/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。