人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

どれを選ぶのが正解?自分の読み方の特性で選ぶマンガアプリおすすめ5選

2019.11.01

マンガを“無料”で読める「マンガアプリ」。まだ利用したことがなくても、聞いたことくらいはないだろうか? ひと昔前は数も多くなく、オリジナルのものが多かったが、最近は大手出版社が参入し、人気雑誌と紐づいた自社のマンガアプリをリリースしている。

試しにApp StoreやGoogle Playを検索すると、膨大な数のアプリが候補に出てくる。マンガにそれほど詳しくない人は、どれを選んだらいいのかわからないのが正直なところだろう。そこでこの記事では、タイプ別におすすめのマンガアプリを1つずつご紹介。あなたにピッタリのものが見つけられるように、ぜひ参考にしてほしい。

あなたはどのタイプ? タイプ別で自分に合うマンガアプリを選ぼう!

マンガアプリひとつひとつ確認して、自分にぴったり合うアプリを探すのは面倒くさい!そんな人は、以下のYES/NOチャートを行い、この記事で紹介しているアプリをぜひ試してみてほしい。

①読みたい雑誌が決まっている

YES→今すぐ「雑誌名or作品名 マンガアプリ」で検索
NO→②へ進む

②読みたいジャンルが決まっている

YES→そのジャンルを扱っている出版社のアプリを調べる
NO→③へ進む

③課金は少しくらいならしてもいいと思っている

YES→配信数の多い総合系アプリか読みたい漫画を配信しているアプリを調べる
NO→④へ進む

④アプリを複数DLするのに抵抗はない

YES→アプリをいくつか入れて合わせ技で楽しむ
NO→1日の無料話数が多いマンガアプリを探す

【参考】果たして夏休みはとれるのか?人気漫画アプリ「マンガワン」編集者の1日に密着!

ジャンル別で選ぶおすすめマンガアプリ

ここからはジャンルごとに1つずつ、おすすめのマンガアプリを紹介していく。選ぶ基準は読める話数の多さ、配信内容などで決定している。とくにこれといった好みの雑誌がなく、ざっくりと「少年漫画系」「少女漫画系」が読みたいという場合はインストールしてみてほしい。なお、今回は「無料で読める」ことを優先に選んでいるため、有料作品の配信内容などは考慮していない。

少年漫画なら小学館の「マンガワン」

小学館が提供する「マンガワン」は、毎日配布されるライフを使って1日8話まで無料で読める。「闇金ウシジマくん」「出会って5秒でバトル」「ゼルダの伝説トワイライトプリンセス」などの人気作品をはじめ、現在は手塚治虫の名作が数多く配信されている。スポーツ、ファンタジー、ラブコメ、学園モノ、なろう系などジャンルも豊富だ。裏サンデーの連作作品は全部配信されており、1週間早く読める特典付きだ。

App Store
Google Play

少女漫画なら白泉社の「マンガpark」

「マンガpark」は「花とゆめ」「LaLa」「ヤングアニマル」「メロディ」などのレーベルを持つ白泉社のアプリ。毎日6時と21時に「FREEコイン」と呼ばれるコインがそれぞれ120ずつ配布される。1話で消費するコインは30で、FREEコインで読める話数は1日8話までとなる。

大ヒット作品「フルーツバスケット(フルバ)」「学園アリス」「金色のコルダ」「3月のライオン」から、アプリオリジナル作品としてフルバの続編「フルーツバスケットanother」などが配信中。ほかにも「ベルセルク」など、男性向け作品や大人向けの少女漫画作品など読める作品が幅広いのも嬉しいところ。

App Store
Google Play

ファンタジー系や転生系ならスクウェア・エニックスの「マンガUP」

「マンガUP」はスクウェア・エニックスが運営するアプリだ。「アラクニド」「ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章」といったスクエニの超名作から、「ゴブリンスレイヤー」「とある魔術の禁書目録」「賭ケグルイ」などのヒット作品まで配信されている。朝8時と夜8時にMPが120ずつ回復し、1話で消費するMPは30。1日最大8話まで無料で読める。

App Store
Google Play

懐かし系なら「マンガ図書館Z」

WEBでもサービスを展開している「マンガ図書館Z」のアプリ版。WEB版と連動させられるうえに、WEB版では読めない作品も配信している。アプリでは毎日100ハートが配布され、1Pにつき1ハートを消費して読める。ハート消費なしで読める作品も多い。「ラブひな」や「ドラゴン桜」といった懐かし系の漫画が数多く配信されている。絶版してなかなか読めない作品が多いの、で昔の漫画が読みたい人は一度のぞいてみてほしい。

App Store
Google Play

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。