人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

24L大容量燃料タンクや電子制御サスペンションを前後に採用。ホンダの大型アドベンチャーバイク「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES」

2019.10.31

CRF1100L Africa Twin Dual Clutch Transmission(グランプリレッド)

Hondaは、大型アドベンチャーモデル「CRF1100L Africa Twin」と、大容量燃料タンクなどを装備し、さらなる冒険心を駆り立てる「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports」を2020年2月14日(金)に、また、より上質で快適な走りを追求し、前後に電子制御のサスペンションを採用した「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES」を2019年12月13日(金)に、それぞれHonda Dreamより発売する。

CRF1100L Africa Twinシリーズでは新設計のフレームを採用し、従来モデルに対してフレームボディートータルで約1.8kgの軽量化を達成。走行性能の向上を図るとともに、さまざまな走行シーンで要求される剛性バランスを高次元で両立した。

別体化したアルミ製リアフレームは、前方部の幅を従来モデルより40mm細くすることで足つき性を向上。シート高を830mmと810mmの2段階に、容易な操作で調整可能なシートを採用している。

また、パワーユニットでは従来モデルからストロークを伸ばし排気量を拡大した、新設計の水冷直列2気筒1082ccエンジンを搭載し、出力、トルクを向上することで、オフロードにおけるエキサイティングな走行や、オンロードにおける長距離移動時の余裕のある力強い走行を実現。

スロットルバイワイヤの応答速度を向上させ、ライダーの操作に対し、よりリニアな反応を実現している。シリンダーヘッド、スロットルボディーを刷新するとともに、インジェクターの配置を最適化し、燃料をよりダイレクトに燃焼室に噴射することで燃焼効率を向上した。

トランスミッションは、ライダーのクラッチ操作やシフト操作が不要となり、余裕を持ったライディングが可能となるデュアル・クラッチ・トランスミッションと、ライダー自身の操作で、シフトチェンジが可能なマニュアルトランスミッションの2タイプを設定。

デュアル・クラッチ・トランスミッションは、IMU(慣性計測装置)を用いたコーナリング走行検知制御の追加により、シフトタイミングをよりライダーの感性に近づけるとともに、発進制御の熟成による滑らかな走り出し、変速制御の熟成によるスポーツフィーリング溢れるダイレクト感を実現。

マニュアルトランスミッションタイプには、変速時のクラッチ操作とスロットル操作を不要とするクイックシフターをオプション設定している。

そのほかオンロードモードとオフロードモードの2通りのモードを備えたモード選択式ABSは、それぞれの走行状況にあった制動性能を実現。IMUから得られるバンク角に応じて制動力をコントロールする、コーナリングABSによりコーナリング中のブレーキ操作時のホイールロックを抑制。

アドベンチャーツーリングで遭遇するさまざまな走行状況に対応し、楽しいライディングが可能となる、4つのあらかじめ設定されているライディングモードと任意で設定できる2つのライディングモードを採用した。

Hondaセレクタブルトルクコントロールは、前輪の浮き上がりを3段階で抑制するウイリーコントロールを新たに追加するとともに、IMUから得られる車両状態に応じ後輪のスリップをより緻密に制御することで、ライダーの姿勢変化が少ない快適な走行に寄与。豊富な情報を的確に認知しやすくした大型6.5インチTFTカラーディスプレイも採用している。

CRF1100L Africa Twin Adventure Sports(パールグレアホワイト)

CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES Dual Clutch Transmission(ダークネスブラックメタリック)

そしてCRF1100L Africa Twin Adventure Sportsは、大容量24Lの燃料タンクを装備し、長距離ツーリングでの利便性を向上。手動にて高さと角度が5段階に調整可能なスクリーンを装備し、長距離ツーリングの快適性を高めた。

バンク角に応じて3段階で照射範囲を自動変更するコーナリングライトを装備し、夜間走行時の視認性を向上。不整地での飛び石などからエンジン下部を保護する大型スキッドプレートや、積載性を向上する軽量アルミリアキャリアを装備し、アドベンチャーモデルに求められる仕様を充実させている。

また、チューブレスタイプのスポークホイールにチューブレスタイヤを採用。走行中のサスペンションストローク速度と、IMUから検知する車両の状態、及び車速に応じて瞬時に減衰力を最適化するショーワ社製電子制御サスペンションEERA(Electronically Equipped Ride Adjustment)を採用し、さまざまな走行シーンにおける操縦性と快適性を実現した。

概要

メーカー希望小売価格(消費税10%込み)

CRF1100L Africa Twin(グランプリレッド)
 1,617,000円(消費税抜き本体価格 1,470,000円)
CRF1100L Africa Twin Dual Clutch Transmission(グランプリレッド)
 1,727,000円(消費税抜き本体価格 1,570,000円)
CRF1100L Africa Twin Adventure Sports(パールグレアホワイト)
 1,804,000円(消費税抜き本体価格 1,640,000円)
CRF1100L Africa Twin Adventure Sports Dual Clutch Transmission(パールグレアホワイト)
 1,914,000円(消費税抜き本体価格 1,740,000円)
CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES
(パールグレアホワイト、ダークネスブラックメタリック)
 1,947,000円(消費税抜き本体価格 1,770,000円)
CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES Dual Clutch Transmission
(パールグレアホワイト、ダークネスブラックメタリック)
 2,057,000円(消費税抜き本体価格 1,870,000円)

関連情報:https://www.honda.co.jp/

構成/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。