人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

JALが成田空港国際線で顔認証による搭乗手続きや自動手荷物預け機などの新サービスを導入

2019.10.31

JALは、2020年に向けて日本を訪れる人が増加する中、多様なニーズに応えるべく、成田空港の国際線において、新しいサービスを提供する。

自動手荷物預け機や顔認証などの先端技術を積極的に活用した「JAL SMART AIRPORT」を展開することで、手続きにかかる時間を短縮し、待たせることなくスムーズな搭乗手続きを実現する。

また、出発までくつろげるラウンジサービスのリニューアルもあわせて行ない、出発までの時間をこれまで以上に快適に過ごせることを目指す。

成田空港の「Smart Check-in」を利用した、自動手荷物預け機のサービスは、JALとしては国内の空港で初となる。

これにより、JAL運航便で出発の人は、2019年6月に増設・レイアウト変更を行った自動チェックイン機とあわせてスムーズな手荷物の預けが可能になる。

オープン時期:2019年10月28日(予定)
展開エリア:成田空港 第2ターミナル南 Oカウンター(7台)
オープン時期:2020年4月(予定)
展開エリア:成田空港 第2ターミナル南 Mカウンター(7台)

また、2020年春より、成田空港に導入される「OneID」により、最先端の顔認証技術を用いた新たな搭乗手続きを開始。

自動チェックイン機など、空港での最初の手続きにおいて顔情報を登録することで、その後の手続き(自動手荷物預け機、保安検査場、搭乗ゲート)において、搭乗券やパスポートを提示することなく通過することが可能になる。

国内の空港では初めて、成田空港で開始される最先端の搭乗スタイルを取り入れ、より一層スムーズな空港手続きの実現による新たな価値を創造する。

オープン時期:2020年春(予定)
展開エリア:成田空港 第2ターミナル南 Kカウンター、Mカウンター(一部)、保安検査場(中央・南)、搭乗ゲート(※一部を除く)

さらに、安心して快適な旅が楽しめるよう、空港手続きにおいて手伝いを希望した利用者を対象とした「スペシャルアシスタンス」カウンターを新たに設置。

空港でのサポートをより一層充実させ、個々のニーズに寄り添った案内ができるよう、アクセシビリティーの向上に努めていく。

オープン時期:2020年1月(予定)
展開エリア: 成田空港 第2ターミナル南 南団体カウンターエリア

そのほか、ラウンジサービスの全体リニューアルも完了 (2019年4~10月に展開済み)。

JALは「モダンジャパニーズ」というコンセプトのもと、成田空港のラウンジサービスを2019年4月より順次リニューアルしてきた。

10月1日にオープンした「JAL's SALON」では、利用者の目の前で提供するBARカウンターサービスで、日本のプレミアムウイスキー、クラフトウイスキー、クラフトジン・ウォッカ、日本茶、和菓子などの「日本の匠の味」を楽しむことができる。

<全体スケジュール>

関連情報:https://www.jal.co.jp/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。