人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

水平解像度2000TV本の高画質4K映像収録ができるパナソニックの放送用肩載せ型カメラレコーダー「AJ-CX4000GJ」

2019.10.31

パナソニックは、放送用肩載せ型4Kカメラレコーダーの新しいラインアップ"CX"シリーズとして、新製品AJ-CX4000GJを2019年12月に発売する。本製品は、AG-CX350に続く新製品となる。

AJ-CX4000GJは放送用で一般的なB4レンズマウントのレンズ交換式カメラレコーダー。大型1,114万画素イメージセンサーを搭載し、オーバーサンプリングにより水平解像度2000TV本の高画質4K(UHD)映像収録が可能で、HDR(BT.2100/BT.2020)にも対応。

4K映像の記録には高効率かつ高画質の「HEVC」コーデックを採用しているため、4K/10ビット高画質を約100 Mbpsのビットレートで長時間収録が可能だ。

記録メディアは高速転送・高信頼性の「expressP2」カード、または低ランニングコストの「microP2」カード(SDXCメモリーカードも使用可能)が選択可能で、従来のP2HDシリーズの「AVC-ULTRA」コーデック(HD)の記録にも対応している。

また、12G-SDIからUHD 60p(50p)10ビット4:2:2出力が可能だ。さらに、革新的なネットワークソリューションに対応している。

「ダイレクトストリーミング」機能(RTSP/RTMP/RTMPS)によりライブ配信サービスに配信可能で(HDモード時)、ロック機構付のLAN端子(1000BASE-T対応)はNDI|HX接続に対応。これにより、IP接続による伝送とカメラコントロールが可能となり、同社リモートカメラとも組み合わせた収録・配信のシステムに連携する。

パナソニックは本製品を、2019年11月13日(水)から11月15日(金)まで千葉県・幕張メッセで開催される国際放送機器展「InterBEE2019」に出展するという。

関連情報:https://www.panasonic.com/jp/home.html

構成/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。