人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

報道、スポーツ、プロの現場で大活躍!最先端技術や最高クラスの性能を備えたキヤノンのデジタル一眼レフ「EOS-1D X Mark III」

2019.10.31

EOS-1D X Mark III 「EF24-70mm F2.8L II USM」装着時

キヤノンは、 スポーツや報道、 スタジオ撮影などプロの撮影現場に求められる高い性能と信頼性を備えた「EOS-1」シリーズの最新機種“EOS-1D X Mark III”の開発を発表した。

EOSシリーズのフラッグシップモデルである「EOS-1」シリーズの誕生から今年で30周年を迎えており、「EOS-1」シリーズの歴史は、 1989 年に発売した「EOS-1」から始まる。

「EOS-1」は、 「意思に従う自動化」というEOS の当時の思想に基づき、 最先端技術や最高クラスの性能と、 高耐久性・堅牢(けんろう)性・信頼性を実現することにより、 プロの要求に高度に応えるカメラとして誕生した。

2001年には、 フラッグシップモデルとして初のデジタル一眼レフカメラとなる「EOS-1D」を発売した。

それ以降、 高画質および高速連写ともにキヤノンの最高レベルを兼ね備えたデジタル一眼レフカメラとして、 報道・スポーツ・コマーシャル・ネイチャーフォトを中心に、 幅広い分野においてプロの現場で使用され、 高い評価を得ている。

また、 キヤノンは「トップクラスの選手による激戦の決定的な瞬間や感動の瞬間は、 未来へと残すべき瞬間」という考えのもと、 約半世紀にわたり、 さまざまなスポーツ大会の舞台裏で、 トップクラスの選手による激戦の様子が最高の状態で撮影できるよう、 カメラのサービスセンターを会場に設置し、 報道現場を支え続けてきた。

また、 それらの現場で得られたプロフォトグラファーの声を製品開発にフィードバックすることで、 より信頼性の高いカメラを提供してきた。

キヤノンは、 最先端技術や最高クラスの性能を備えた「EOS-1」シリーズを投入し、 それらの技術や機能をエントリークラスまで展開させることで、 多くのユーザーニーズに応え続けてきた。

今後も光学技術を核に多様なイメージング技術に磨きをかけ、 魅力的で信頼性の高いカメラやレンズづくりに挑戦し続けることで、 写真・映像文化の発展に貢献するという。

関連情報:https://canon.jp/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。