人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ノイズキャンセリング、バッテリー駆動時間、高音質化、新しい「AirPods Pro」はどこが、どう進化した?

2019.10.30

Appleは、新しいAirPods Proを発表した。AirPods ProはこれまでのAirPodsラインに加わり、比類のないオーディオ体験を提供。

iOSまたはiPadOSの近くにある充電ケースを開いて軽くタップするだけで、AirPods Proは、ユーザーのiCloudにサインインしているiPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVそしてiPod touchを含むすべてのデバイスとすぐにペアリングする。

AirPods Proは新次元の軽さ、快適さと装着感を実現するインイヤーヘッドフォンでそれらをさらに前進。それぞれのヘッドフォンにはサイズの異なる3つの柔いシリコンイヤーチップが付いている。

これは耳それぞれの形に沿って柔軟に変形し、快適な装着感と優れた密閉性を実現し、没入感のある音を提供するために重要な要素。

快適性をさらに深めるために、AirPods Proは革新的な通気システムを用いて圧力を均等化し、他のインイヤータイプのヘッドフォンにありがちな不快感を最小限に抑えている。

アクティブノイズキャンセリング

AirPods Proのアクティブノイズキャンセリングは2つのマイクロフォンと高度なソフトウェアを組み合わせることにより、左右それぞれの耳とヘッドフォンの装着感に合わせて連続的に調整される。

これにより周囲のノイズが取り除かれ、ユニークにカスタマイズされた優れたノイズキャンセリングの体験を提供。

ユーザーは、好きな音楽であれ、通話であれ、耳に入ってくる音に集中することができる。

1つめのマイクロフォンは外に向いており、外の音を検出して周囲のノイズを分析。

次に、その周囲のノイズがリスナーの耳に届く前に、それを相殺する同音量のアンチノイズを作り出す。

2つめの内向きのマイクロフォンは耳に向かって音を拾い、AirPods Proはそのマイクロフォンが検出した残りのノイズを相殺。ノイズキャンセリングは音信号を一秒間に200回連続的に調整する。

没入感のあるサウンド

AirPods Proはアダプティブイコライゼーションで上質なサウンドクオリティーを提供。アダプティブイコライゼーションは音楽の低音域部分と中音域部分をリスナーの耳の形に合わせて自動的に調整し、豊かな没入感のあるリスニング体験を実現。

専用のハイダイナミックレンジアンプは、ピュアで信じられないほどクリアなサウンドを生み出すだけでなく、バッテリー駆動時間を伸ばし、音質を最適化、さらに周囲のノイズを除去するよう設計された専用の高偏位ドライバ、歪みの少ないスピーカードライバを稼働させる。

このドライバは20Hzまでのリッチな低音と正確な中高音域オーディオを安定して提供する。

外部音取り込みモード

外部音取り込みモードは、音楽を聴きながらも周囲の音も聞くという選択肢をユーザーに提供。それは例えば音楽を聴きながらランニング中に道路上の車の音を聞いたり、朝の通勤中に大切な電車アナウンスを聞いたりすること。

外部音取り込みモードは、均圧のための通気システムと高度なソフトウェアを使って、ちょうどいい量のノイズキャンセリングを有効にしつつ、オーディオが完璧に再生されている間もユーザー自らの声が自然に聞こえるようにする。

アクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードとの切り替えは簡単で、軸部分にある新しく革新的な感圧センサーを使ってAirPods Pro上で直接行なうことができる。

感圧センサーによって、曲を再生、一時停止、スキップしたり、電話に出たり、電話を切ったりすることも簡単に行なえる。

ユーザーはまた、音楽の再生中にiPhoneまたはiPadのコントロールセンターの音量スライダーを押すか、または、Apple Watch上ではAirPlayアイコンをタップすることによって、設定をコントロールすることができる。

パフォーマンスとバッテリー駆動時間

AirPods Proのサイズとパフォーマンスを可能にしているのは、Appleの設計によるH1チップをコアに持つ革新的なシステム·イン·パッケージ(SIP)デザイン。

H1は10個のオーディオコアを持ち、サウンドからSiriまでのすべてを動かす。H1はオーディオ処理のレイテンシーが極めて低いため、リアルタイムのノイズキャンセリングが可能になり、アダプティブテクノロジーを使って上質なサウンドを作り出す。

さらに、ハンズフリーで「Hey Siri」と言ってSiriにリクエストするなど、すべてを同時に処理することができる。

AirPods ProはAirPodsと同様、最大5時間聴き続けることができるバッテリー駆動時間を誇る。アクティブノイズキャンセリングモードでは、AirPods Proは1回の充電で最大4時間半の試聴、そして、最大3時間半の通話が可能だ。

さらに、ワイヤレス充電ケースで追加充電をすると、24時間以上の試聴、または18時間以上の通話が可能。充電はAirPodsケースをQi認証された充電マットに置くか、または外出中はLightningポートを使って簡単に行なえる。

イヤーチップ装着状態テストは、密閉性をテストし、ユーザーに最適なイヤーチップサイズを見つけることにより、ユーザーがAirPods Proから確実かつ最高のオーディオ体験をサポート。

AirPods Proを左右それぞれの耳に入れた後、高度なアルゴリズムがマイクロフォンと協力してそれぞれの耳のサウンドレベルを計測し、スピーカードライバーから来るものと比較。

ほんの数秒でアルゴリズムはイヤーチップが正しいサイズであるか、しっかり装着されているか、より密閉性を高めるために調整すべきかを検知する。

声で起動するSiriはH1チップを使ってハンズフリーの「Hey Siri」で曲を再生したり、音量を上げたり、電話を掛けたり、道案内を聞いたりすることを可能にする。

オーディオ共有を使うと、2つ目のAirPodsをiPhoneまたはiPadに近づけるだけで、友達と同じ曲を聴いたり、同じ映画を見たりすることが簡単にできる。

着信メッセージの読み上げは、メッセージが届くと同時に内容を自動的に話してくれる便利な機能。そして電話中であったり、メディアをオーディオ共有でシェアしている間は、Siriは話しかけるのを遠慮する。

AirPods Proは27,800円で販売。日本および25の国と地域でapple.comおよびApple Storeアプリケーションで予約をすることができる。

AirPods Proは10月30日(水)から出荷が始まり、今週後半には店頭でも販売される(国と地域により異なる)。

AirPods Proの利用には、iOS 13.2以降、iPadOS 13.2以降、watchOS 6.1以降、tvOS 13.2以降、またはmacOS Catalina 10.15.1以降を搭載したAppleデバイスが必要だ。

AirPodsと充電ケースのセットは17,800円、AirPodsとワイヤレス充電ケースのセットは22,800円で販売。8,800円のワイヤレス充電ケースのみを単体で注文することもできる。

関連情報:https://www.apple.com/jp/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。