人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

グローバルでモテる男性に共通する3つの性格

2019.10.30

 大酒飲みはモテる? 進化人類学のアプローチから、大酒飲み男性が女性の注目を浴びることが報告されている。

飲みっぷりのよい男性はモテる?

 くれぐれもお酒の飲み過ぎには留意したいものだが、居酒屋やパブ、バーなど不特定多数が集う“外飲み”では、やはりというべきなのか、飲みっぷりのよい男性に女性の注目が集まることが最新の研究で報告されている。とはいっても、単純に酒に強い男性が“モテる”というわけでもなく、そこには男性の側が発信しているシグナルがあるという。

 米・ペンシルベニア州立大学、オルブライト大学、ニューヨーク州立大学バッファロー校の研究チームが2019年9月に「Evolutionary Psychology」では、その地域の適齢期の男女比である実効性比(operational sex ratio、OSR)と、大酒飲みの関係を探っている。

 自宅や飲食店で純粋にお酒を楽しむお酒好きがいる一方、ある文脈では“酒場”は人目、特に異性の目を前提にした“ステージ”であり“スタジアム”でもある。“酒場”にやって来た男性はそこでどんな振る舞いを見せるのか。

Daily Star」より

 研究チームによれば男性の飲みっぷりのよさは、周囲にいる女性に向けての“性的シグナル”であると説明している。そのシグナルを受け取った女性はその男性の思惑通り、たいていのケースにおいて飲みっぷりのよい男性を好ましく感じるということだ。

 大酒飲み行為に男性が込めているメッセージは、リスクを恐れない勇気であり、身体的タフネスであり、気前の良さであるという。そして潜在的パートナーになり得る可能性がある限りにおいて、女性はその男性を“健康で強い”者とみなして好ましく感じるのである。

 そしてこうした男性の大酒飲み行為は、実効性比が低い、つまり適齢期女性が少ない条件下と状況下で多くなり、またほかの大酒飲み男性の数、つまり“ライバル”が多いことでも強まってくるということだ。

 パートナー募集中の酒好き男性には、“外飲み”においてある意味で本質的に大酒リスクが高まることになる。意味のない“大酒飲み競争”には参加したくないものだが、これもまた酒の魔力のなせる業ということだろうか。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。