人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

市販モデルは来年末発売!スタイリッシュに進化したトヨタの燃料電池自動車「MIRAI Concept」

2019.10.29

MIRAI Concept

TOYOTAは、10月24日(木)から11月4日(月・休)までの12日間、東京モーターショー2019のMEGA WEB会場で開催しているFUTURE EXPOにて、「MIRAI Concept」を初公開した。

「MIRAI」は、将来の有望なエネルギーである水素を、空気中の酸素と化学反応させて発電した電気で走るクルマで、TOYOTAは、2014年12月に発売して以来、水素社会の扉を開くとともに、世界中で約1万台を販売し、燃料電池自動車の普及に取り組んできた。

「MIRAI Concept」は、2020年末の発売に向けた次期「MIRAI」の開発最終段階のモデル。いよいよ、燃料電池自動車は、新たなステージを迎えたのだ。

「MIRAI Concept」は、エコカーの枠を超えた、走りを予感させるダイナミックさと誰もが思わず振り返るエモーショナルな美しさを併せ持つスタイリングを追求。

さらに、走る楽しさを持つクルマづくりに徹底的にこだわり、今までにない気持ちの良い走行フィーリングの実現を目指し、開発を進めてきた。

また、FCシステムを全て一新することで、燃料電池自動車としての性能を大幅に向上させるとともに、水素搭載量拡大などにより、航続距離を従来型比で約30%延長することを目標に開発を進めている。

チーフエンジニアの田中 義和(たなか よしかず)氏は、次のように語っている。

「エモーショナルで魅力的なデザイン、乗っているだけで笑顔になれるダイナミックで意のままの走り。ずっと走っていたくなる、そんなクルマを目指して開発してきました。

燃料電池自動車(FCV)だから選んだのではなく、こんなクルマが欲しかった、それがFCV MIRAIだったと言っていただけるクルマに仕上げ、そして、水素エネルギー社会の実現をこのクルマがけん引していければと思います。

是非、東京モーターショーへ足を運んでいただき、会場で実車をご覧いただければと思います。」

「MIRAI Concept」の特徴は以下の通りだ。

・外形は、TNGAプラットフォームの採用により、低重心で伸びやかなプロポーションを実現。さらに、20インチの大径タイヤでダイナミックさと軽快感を付与した。

・外板色は、複層工程により鮮やかさと深み感を強調した「フォースブルー マルチプルレイヤーズ」を新規開発。スポーツマインドを刺激するような“強いブルー”を追求。

・室内は、ドライバーを包み込むようなインストルメントパネルと12.3インチのワイドモニターを取り込んだセンタークラスターにより“運転する楽しさ”と“先進のくつろぎ感”を併せ持つシンプル&モダンで温かみある空間を追求。また、居住性を向上させ5人乗りを実現した。

走りにおいては、TNGAプラットフォーム採用による上質な乗り心地などの素性の良さに加え、燃料電池自動車ならではの異次元の静粛性と剛性の高さなど、細部に拘ったクルマづくりを推進。

さらに、スタック性能の向上などにより、リニアで滑るような質の高い動き出しとレスポンスの優れた気持ち良い加速、高速域までトルクフルな走りを実現し、ワインディングでは意のままのハンドリングを可能にするなど、今までない走行フィーリングを目指し開発を進めている。

また、FCスタックをはじめ、FCシステムを全て一新することで、燃料電池自動車としての性能を大幅に向上させるとともに、水素搭載量拡大などにより、航続距離を従来型比で約30%延長することを目標に開発を進めている。性能進化の詳細については、今後公表する予定という。

なお、「MIRAI Concept」の市販モデルは、日本や北米、欧州などにおいて、2020年末からの発売を予定している。

関連情報:https://toyota.jp/index.html

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。