人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

昔よりおいしくなったと思う冷凍食品ランキング、3位チャーハン、2位からあげ、1位は?

2019.10.26

「冷凍食品を使ってパパっと食事を準備するパートナーの姿にキュンとする」20代男性の約6割

続いて、“恋愛”をテーマに、冷凍食品や時短料理について質問が投げかけられた。全回答者(1,000名)を対象に、自分のパートナー(配偶者・恋人)が冷凍食品を使ってパパッと食事を準備している姿を見たらキュンとするか尋ねる調査が行われたところ、『そう思う(計)』は48.6%、『そう思わない(計)』は51.4%で、拮抗する結果となった。

男女別にみると、男性では『そう思う(計)』(52.4%)、女性では『そう思わない(計)』(55.2%)が多数派だった。また、男女・世代別にみると、『そう思う(計)』が最も高くなったのは20代男性(57.6%)という結果に。 【図24】

【図24】

次に、結婚相手には時短料理が得意であってほしいか尋ねる調査が行われたところ、『そう思う(計)』が69.0%で多数派となった。男女・世代別にみると、30代女性や40代女性では『そう思う(計)』が7割を超え、30代女性では71.2%、40代女性では73.6%だった。また、男性では、50代男性(72.8%)が7割を超えていた。 【図25】

【図25】

「時短料理が得意な人は仕事もできると思う」40代ビジネスウーマンの約8割

また、“仕事”をテーマに、時短料理について質問が投げかけられた。

有職者(711名)を対象に、時短料理が得意な人は仕事もできると思うか尋ねる調査が行われたところ、『そう思う(計)』は70.5%、『そう思わない(計)』は29.6%となった。

手際よく料理できる人は仕事の要領もよいとイメージする人が多いようだ。男女・世代別にみると、『そう思う(計)』が最も高くなったのは40代女性(78.2%)だった。 【図26】

【図26】

冷凍食品を使った時短レシピをたくさん知っていそうなタレント 「ギャル曽根」がダントツ

全回答者(1,000名)に、“冷凍食品”や“時短料理”をテーマに、イメージに合う有名人やアニメキャラクターを尋ねる調査が行われた。

冷凍食品を使った時短レシピをたくさん知っていそうなタレントを尋ねる調査が行われたところ、「ギャル曽根」(112件)がダントツ、2位「速水もこみち」(42件)、3位「平野レミ」(40件)、4位「小倉優子」「辻希美」(いずれも36件)となった。テレビやブログなどで、自身の考案したレシピを紹介している有名人が上位に挙がる結果となった。 【図27】

【図27】

次に、パパッと作った料理をもりもり食べてくれそうなアニメキャラクターを尋ねる調査が行われたところ、1位「モンキー・D・ルフィ(ONE PIECE)」(143件)、2位「孫悟空(ドラゴンボール)」(85件)、3位「剛田武(ドラえもん)」(62件)、4位「アンパンマン(それいけ!アンパンマン)」「ドラえもん(ドラえもん)」(いずれも42件)となった。 【図28】

【図28】

また、冷凍チャーハンのパッケージに使ってあったら思わず手に取ってしまうと思うアニメキャラクターを尋ねる調査が行われたところ、1位「ドラえもん(ドラえもん)」(55件)、2位「アンパンマン(それいけ!アンパンマン)」「モンキー・D・ルフィ(ONE PIECE)」(いずれも45件)、4位「孫悟空(ドラゴンボール)」(35件)、5位「ピカチュウ(ポケットモンスター)」(18件)となった。 【図29】

【図29】

※マルハニチロ調べ

<調査概要>
◆調査タイトル :冷凍食品に関する調査2019

◆調査対象 :ネットエイジアリサーチのインターネットモニター会員を母集団とする
全国の20~59歳の男女で、月に1回以上冷凍食品を利用する人

◆調査期間 :2019年9月18日~9月19日の2日間
◆調査方法 :インターネット調査
◆有効回答数 :1,000サンプル
◆実施機関 :ネットエイジア株式会社

出典元:マルハニチロ株式会社
https://www.maruha-nichiro.co.jp/

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。