人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Googleのサービスが使えるか、使えないかに注目!ファーウェイ「Mate 30 Pro」が日本で発売される可能性は?

2019.10.25

日本で発売されるか

石野氏:このままだと日本では売れないですよね。

法林氏:Mate 30シリーズを売りませんでしたという話になるかというと、中国では売るんですよ、HUAWEI Mobile Serviceが入った状態で。ただし、中国以外の国と地域には、おそらく売らない、というか、今のままでは売れないかな。そうなるとファーウェイの端末ビジネスの危機じゃないかといわれるだろうけど、ファーウェイは年間2億台のスマホを作っていて、1億台は中国で売っている。Mate 30シリーズが中国で何台売れたかって話になれば、日本のマーケットで売っている全ファーウェイ端末の台数より多いかもしれない。

石野氏:全然多いですよね。

石川氏:こういう端末が作れますよという技術力のアピールとしては最適なわけじゃないですか。最終的な売上云々よりも、ファーウェイは今はAppleにもサムスンにも勝てるというアピールとしてうまく行っているような気もする。だから、みんながファーウェイの端末を欲しがれば、世の中の流れが変わるかもしれない。

法林氏:そういった民意にかけている部分と、もう1つ、ここをターニングポイントとして別の道を進みますという、Googleとの決別を少し窺わせる部分もある。

石川氏:まさにターニングポイントですよね。

法林氏:本音としては、たぶん、絶対、普通にGMSを入れて売りたいんですよ。

房野氏:そうしたら売れますよね。

法林氏:売れます。

石野氏:売上のことを考えたらそっちですよね。ただ、政治に左右されている状況で業績がガタガタしちゃうんだったら、これを機に自分たちでエコシステムを開拓して、Google離れを起こした方がいいんじゃないかという考えもある。

房野氏:はっきりそうするとは言っていなかったですが。

石野氏:言えないですよ。Google離れなんて自分たちで言っちゃったら、それは戦略として間違っていますよ。「できたらGMSでやりたい」と言いつつ、ですよ。

石川氏:Mate 30シリーズはどう扱えばいいんですかね。

法林氏:GMSが載った状態で出てくるのを待つしかない。

石野氏:カメラとして売ってくれればいいんですよ(笑)

法林氏:スマートフォンの製造技術はGalaxyもすごいなと思っていたけれど、やっぱりファーウェイは2歩くらい抜けた感じがする。

石川氏:これから5G時代に向けて、いろんな端末が求められる中、米中の関係でファーウェイがこういう状態になったのが本当にもったいない。

......続く!

次回は、2019-2020年秋冬スマホについて議論する予定です。ご期待ください。

法林岳之(ほうりん・ たかゆき)
Web媒体や雑誌などを中心に、スマートフォンや携帯電話、パソコンなど、デジタル関連製品のレビュー記事、ビギナー向けの解説記事などを執筆。解説書などの著書も多数。携帯業界のご意見番。

石川 温(いしかわ・つつむ)
日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、2003年に独立。国内キャリアやメーカーだけでなく、グーグルやアップルなども取材。NHK Eテレ「趣味どきっ! はじめてのスマホ」で講師役で出演。メルマガ「スマホで業界新聞(月額540円)」を発行中。

石野純也(いしの・じゅんや)
慶應義塾大学卒業後、宝島社に入社。独立後はケータイジャーナリスト/ライターとして幅広い媒体で活躍。『ケータイチルドレン』(ソフトバンク新書)、『1時間でわかるらくらくホン』(毎日新聞社)など著書多数。

房野麻子(ふさの・あさこ)
出版社にて携帯電話雑誌の編集に携わった後、2002年からフリーランスライターとして独立。携帯業界で数少ない女性ライターとして、女性目線のモバイル端末紹介を中心に、雑誌やWeb媒体で執筆活動を行う。

構成/中馬幹弘

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。