人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

もうすぐ見頃!絶景の紅葉が楽しめるおすすめスポットはココ

2019.10.24

赤、オレンジ、黄色に彩られた紅葉は、何度見ても素晴らしいと感じる景色の一つ。ここでは、国内の紅葉の絶景スポット情報をまとめてみたので、参考にしてほしい。

何度も見たくなる絶景ポイントが多い

紅葉シーズンに行きたい寺院ランキングで清水寺をおさえて1位になったのは?

わびさびを感じさせるお寺と紅葉の景観。日本各地には様々な秋に見ごろを迎える絶景の寺院があるが、その中でも特に人気が高いところというと、いったいどこなのだろうか? 今回は「dメニュー」の検索ログから、日本全国の寺院のなかで、どの寺院が「紅葉」と一緒に検索されているか調査されたデータをもとに「紅葉シーズンに行きたい寺院」をランキング形式で発表。さらに「紅葉」を含む検索ワードの検索回数から割り出された、「紅葉が注目され始めるタイミング」を紹介していく。

【参考】https://dime.jp/genre/612708/

絶景の紅葉が楽しめる名所8選

オレンジ、黄色、赤、金色に輝く紅葉の絶景を楽しむことができる秋の季節がやってきた。秋は過ごしやすい気候で旅行を楽しむのに最適な「インスタ映え」の季節。そこで今回、宿泊施設予約サイトのHotels.comが「インスタ映え」する紅葉の名所とその周辺の宿泊施設をピックアップしたので紹介しよう。 しかもHotels.comでは、 国内旅行と韓国旅行の際に宿泊できる人気の宿泊施設を最大 40%の特別価格で利用できる「紅葉スペシャルセール」を実施。12 月中旬までの宿泊が対象で、11 月末までの予約が期限。宿泊施設によっては 11 月末よりも先にキャンペーンが終了する可能性があるのでこの機会にチェックしてみてはいかが?

【参考】https://dime.jp/genre/605303/

行ってよかった全国の紅葉の名所20選

この時期、紅葉のピークが北海道から東北北部に移るころ。気象庁によれば、今年の平地での見頃は東京で11月下旬、新潟で11月中旬、名古屋で11月中旬、大阪で12月上旬、広島で11月中旬、高松で11月中旬、福岡で11月下旬の予測だという。 旅の計画から予約までをサポートする世界最大の旅行サイト「TripAdvisor」の日本法人であるトリップアドバイザーが昨年発表した、トリップアドバイザーに投稿された口コミを元に「行ってよかった!紅葉名所ランキング2016」によると、1位に「紅葉の永観堂」とも呼ばれるほど幻想的な紅葉風景が見られると人気の『禅林寺 永観堂』(京都府京都市)が、2位には深い自然と水の音とのコントラストが美しい『奥入瀬渓流』(青森県十和田市)がランクインした。そして、3位に通天橋の紅葉が有名な『東福寺』(京都府京都市)が選ばれた。

【参考】https://dime.jp/genre/474239/

どこに行きたい?紅葉旅行で人気エリアTOP5

ウェザーニュースによれば、10月から11月にかけても天気は周期的に変化する予想。このため、葉が鮮やかに色付くために必要な十分な日照や雨、朝晩の冷え込みが見込めることから、全国的に鮮やかな紅葉が期待できるという。そんな中、旅行予約サービス「楽天トラベル」から「2017年 紅葉旅行が人気のエリアランキング」が発表された。これは「紅葉」のキーワードを含む宿泊プランの2名以上利用の予約人泊数(=予約人数×泊数)をエリアごとに集計したもので、その結果1位は昨年と同じく福島県の磐梯高原・裏磐梯エリアとなった。

【参考】https://dime.jp/genre/459811/

旅した人が選んだ紅葉を見に行きたい旅行先10選

秋は、その鮮やかな色彩で身も心も癒してくれる、まさに旅行に最適な季節。壮大な自然に囲まれた山の中から都会の中心地にある憩いの場まで、世界各国で30種類もの宿泊施設タイプを掲載しているBooking.comでは、カラフルな紅葉をたっぷりと堪能できる宿泊先も充実のラインアップ。その約1億件あるクチコミを元に「国内での紅葉目的での宿泊先トップ10」と「秋を楽しめる世界のおすすめ旅行先厳選8箇所」発表した。

【参考】https://dime.jp/genre/458785/

これからが見頃!「紅葉狩り」の本来の目的と楽しみ方

すでに東北や長野などでは紅葉が見ごろになっている。一般的な見ごろ予想では、10月下旬から11月下旬頃までといわれる。今年は、家族で紅葉狩りに出かけるというなら、家族で出かける際に、自分の子どもに紅葉狩りについて教えるのもいいかもしれない。そもそも紅葉狩りの意味とは? 楽しみ方は? 紅葉に詳しい、株式会社もみじかえで研究所の代表、本間篤史さんに聞いた。

【参考】https://dime.jp/genre/789847/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。