人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

高校生以下の子供を持つ親の2人に1人が学資保険に入らないワケ

2019.10.23

「学資保険」は本当に必要なのか?

アバコミュニケーションズが高校生以下の子どもを持つ20代~50代の親100人以上を対象としたアンケートでは、およそ半数が「学資保険」に入っている。

一方で、学資保険に入っていない、不要だと考える人も少なくないようだ。

学資保険に加入していない人の理由として多いのが、

・学費のために預貯金をしている
・元本割れのリスクがある
・利率があまりよくない

の3点だった。

確かに、これらの理由から学資保険を選ばないのも納得。しかし調べてみると、実は選び方次第だったり、意外と学資保険のほうにもメリットがある場合もある。

今回は、調査結果と「学資保険を選ぶうえでのポイント」を紹介したい。ぜひ、学資保険の選び方の参考にしてほしい。

学資保険を選ぶうえでポイントとなるのは以下の4つ。そのポイントを抑えることで、数多い学資保険の中から一部に絞り込むことができる。

・いつ教育資金が必要か?
・いくら必要か?
・どの保障機能が必要か?
・保険料を毎月いくら支払えるか?

学資保険を選ぶポイントで「大切なのはバランス」だ。

家庭の収支、教育資金が必要な時期、金額をしっかりを見極めなければならない。また、今パパやママが加入している保険を整理して、「学資保険につける保障と被らないようにする」ことも大切だ。

学資保険以外の選択肢

学資保険の需要がまだまだある一方で、教育資金の準備方法として学資保険以外を選ぶ人が増えていることも事実。それでは、学資保険以外にはどういった選択肢があるのか?また教育資金の準備方法として他の人はどういう方法をとっているのか?

資金を準備する方法で一番多い回答は、「貯金(銀行預金)」だった。ついで学資保険は二番目に多い回答だが、返戻率が下がったとはいえ、まだまだ教育資金の準備方法として選ぶ方が多いことがわかる。

複数回答可のアンケートなので、「学資保険+貯金」という人も多い。

この結果を見て、「じゃあ貯金でいいか」「学資保険と貯金にしよう」などと簡単に決めるのはまだ早い。確かに教育資金の準備方法として貯金や学資保険は多い。しかし、学資保険以外の保険など、21%の方はそれ以外の方法を選んでいるようだ。

「学資保険は必要?」学資保険に関するアンケート
調査目的:学資保険の必要性及び加入者の意識調査
調査方法:記述式のWebアンケート(株式会社コンテライズ)
有効回答数:男性36名・女性85名(回答率100%)
調査期間:2019年8月調査

構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。