人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

次にヒットするのはどれ?「NEXTタピオカ」をめぐる甘くない覇権争い

2019.11.03

 台湾をはじめ、タイや韓国といった海外のタピオカ専門店が続々と日本に進出し、ここ3年で人気が加速したタピオカドリンク。流行に敏感な女子中高生が選ぶ2018年の「JC・JK流行語大賞」では、モノ部門で『タピオカ』、コトバ部門で『タピる』(タピオカを飲む意味の造語)が、それぞれ1位を獲得。その勢いは、いまだ衰えを知らない。

 そんなタピオカに続けとばかりに、台湾系を筆頭に、様々なドリンクがにぎわいを見せている。中でも編集部が注目したのは、ここに紹介する4店舗のドリンクだ。

 まずは、一晩寝かせた自家製のプリンを丸ごとトッピングした『プリッチ』。繁忙する週末は、1日900杯も出るほどの盛況ぶり。オレンジやパッションフルーツをふんだんに使う『フルーツティー』も、大人のスイーツティーとして、30代を中心に人気だ。

 また『わらび餅ミルクティ』は販売開始から2か月ほどで、多い時の注文数は1日100杯以上。「お店が回らなくて、メニュー数を4つから2つに減らしました……」と、店主がうれしい悲鳴を上げている。巣鴨という場所柄、シニア層の支持も厚い。

 一方の『レモネード』は、さっぱりとした味わいで、オープンするや否や近隣のビジネスパーソンを中心に常連客を獲得している。

 濃厚なチーズフォームが特徴の『チーズティー』も、今年6月のオープン初日には行列で1時間待ちという人気ぶりだった。

 若者のみならず、大人の支持を受けるニューウエーブのドリンク。今後もますます白熱しそうな〝NEXTタピオカ〟の覇権争い、制するのは果たしてどれ!?

〝コク甘〟の飲むプリン

CHA NUNG『プリッチ黒糖ラテ』

CHA NUNG『プリッチ黒糖ラテ』600円

ミルクをベースに、自家製プリンと濃厚な黒糖をトッピング。ストローでも飲みやすく、かといって食感を損なわない絶妙な硬さのプリンは、一晩寝かせて味をなじませたものを使用する。

満腹感   ★★★★★
選ぶ楽しさ ★★☆☆☆
飲みやすさ ★★★★☆

「すごく甘いのでは?」という予想に反し、意外とあっさり。黒糖によってコクがプラスされているのがGOOD!

〝SNS映え〟する鮮やかさ!

CHA NUNG『台湾NO.1 フルーツティー』

CHA NUNG『台湾NO.1 フルーツティー』650円

その名のとおり、本場の台湾で人気のメニューが味わえる一品。ベースは台湾ジャスミンティーで、リンゴ、レモン、パッションフルーツ、パイナップル、バジルシードを贅沢にトッピングする。

満腹感   ★★★★★
選ぶ楽しさ ★★★★☆
飲みやすさ ★★★★☆

フルーツの爽やかな味わいとジャスミンティーの香りが好バランス。バジルシードのプチプチとした食感も◎。

『表参道店』

『表参道店』
住所/東京都渋谷区神宮前3-20-10 営業時間/11:00~20:00 電話/03・5413・7766

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。