人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

140円の激安価格で入手した指紋認証機能付きマウス「WhoAreYou Mouse」を1か月使った結果…

2019.10.24

今や安価なスマートフォンにも指紋認証機能が搭載されている。

しかも、精度が良くなった。他人の指紋と間違えてしまうことは滅多にない。そんな生体認証システムが、一般市民の生活シーンにも定着している。これは人類の英知のたまものだ。

しかし、ノートPCに限って見れば、指紋認証はまだ普遍的な機能とはいえない。

筆者が愛用するノートPCにも、残念ながら指紋認証機能は付いていない。

それを解決するとしたら、外付けの周辺機器を購入するしかない。

限定150名の激安価格

さて、筆者のノートPCについて少し解説する。

2019年3月に購入したもので、CPUは第8世代のCore-i5。物書きの仕事をするにはちょうどいい性能だと感じている。価格は7万円そこそこだった。

残念ながら、10万円を超えるノートPCを買える余力は筆者にはない。

いきなりこのような世知辛い話を書いて恐縮だが、実際のところ筆者と同じような事情を抱えている人は決して少なくないのではないか。ゲーミングPC? 何それ美味しいの?

というわけで、筆者のノートPCには指紋認証機能がない。それはCPUの性能と引き換えにした、とも表現できる。

その欠点をどうにか補いたい。そこで筆者が探し当てたのが『WhoAreYou Mouse S1(以下WhoAreYou Mouse)』という製品だ。

これはクラウドファンディング『Kickstarter』に出展されていたものだが、有線式マウスに指紋認証機能が搭載されている。

10香港ドルの出資で手に入れたものだ。日本円で約138円である。誤植ではない。

クラウドファンディングには、時として数量限定の「激安出資枠」を公開することがある。このWhoAreYou Mouseも先着150名限定の10香港ドル枠を設定した。それを逃した人は238香港ドル(約3290円)の枠に行かざるを得なかった。150名の中に上手く滑り込んだ筆者は、かなり幸運だったはずだ。

SNSからフォルダーまで

早速使ってみよう。

製品を接続する前に、まずはメーカー公式サイトから対応ソフトをダウンロード。その後、Windows Helloの指紋認証設定に移行。

実は筆者がWindows Helloを設定するのは、これが初めてである。今まではロック画面でいちいちキーボードを打っていた。指紋認証機能がないなら顔認証を設定するという手段もあるが、筆者のノートPCのフロントカメラはWindows Helloに未対応だ。嗚呼悲しきかな、我が暮らし。

ともかく、WhoAreYou Mouseの導入でロック画面の解除がかなりスムーズになったことは言うまでもない。

GoogleやFacebookなどのアカウント認証はもちろん、このWhoAreYou Mouseはフォルダーの鍵付けにも対応する。実はこれがこの製品の真骨頂ではないかと、筆者は考えている。

ロックをかけたいフォルダーを右クリックすると、下の画像のような項目が出てくる。

ここから指紋認証登録に移る。以降はフォルダーをクリックすると、所有者の指紋を要求されるようになる。

ただし、これは1回限りのようだ。一旦フォルダーを開いたらセーフティーという解釈で、引き続き鍵をかけたい場合はまた改めて指紋を登録する必要がある。これを合理性と取るか手間と取るかは、意見が分かれるだろう。

クラファン発の高コスパ製品

いずれにせよ、140円程度でこれだけのパフォーマンスならば、十分な成果といえよう。

筆者はWhoAreYou Mouseをすでに1か月ほど使ってみたが、今のところは故障や初期不良などは見当たらない。異様に安い値段の製品にはとんでもない落とし穴があることが少なくないから、WhoAreYou Mouseも多少の時間をかけてじっくり吟味する必要があった。

クラウドファンディングは通販サイトとは違い、必ずしも良質の製品にありつけるとは限らない。極めて残念な現実ではあるが、クラウドファンディングとはそもそも「出資プラットフォーム」の側面が強い。極端な話、製品が届かなかったとしても出資者はそれを受け入れなければならない。

だがWhoAreYou Mouseに関して言えば、今のところ文句は一切ない。

久々にいい製品に巡り合うことができた、と筆者は思い出し笑いを浮かべている。

※クラウドファンディングには立案会社の問題でプロジェクトが頓挫する可能性や支援金が戻らなくなるリスクも稀にあります。
出資に当たっては、読者様ご自身でご判断いただきますようお願い致します。(編集部)

【参考】kickstarter
The World's First Web Security Fingerprint Mouse-Kickstarter

取材・文/澤田真一

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。