人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

軽やかにそしてスピーディーに進化するルワンダの今

2019.10.23

 私は、銀座ルームのママ業の傍ら、旅行会社も経営しているので、銀座ルームのお客様からご依頼を受け、アフリカのルワンダへ、有名なマウンテンゴリラトレッキングと首都のキガリ視察旅行へ同行してまいりました。

5年ぶりのルワンダです。ルワンダと言えば、マウンテンゴリラトレッキングが有名ですが、正確な人数は把握されていませんが、100日余りで100万人の犠牲者を出したといわれる「ルワンダ大虐殺」も記憶に新しい国でもあります。

 このルワンダ大虐殺は、「ホテル ルワンダ」として映画化され、日本でも公開されたので、記憶にある方も多いと思います。大虐殺から約30年が過ぎたこの国は、すさまじいスピードで進化を遂げています。

アフリカでもっとも安全で快適な国

 政治的ないい面、悪い面はさておき、2000年に就任したカガミ大統領の強行な政治手腕によって、大虐殺の要因ともなった、ツチ族、フツ族などの民族表記を廃止し、ルワンダ人として身分差をなくしたり、教育、医療、衛生、女性の地位向上など、ルワンダの発展を導いてるの。

私のルワンダ人のドライバーも、「アフリカ一安全な国」「アフリカ一綺麗な国」そして、「アフリカ一のリーダーシップ」というほどなのよ。私も「安倍首相のリーダーシップ!」なんて声高らかに言えるか不安だわ〜。そして、女性国会議員の比率は、60%を超えているんですって!

 毎月月末は奉仕の日と決められていて、清掃、学校建築などの奉仕活動を義務付けられているの。本当に街中や道路のゴミはほとんど落ちておらず、綺麗なのよ〜。そして、カガミ大統領が目指すアフリカ一のIT大国へ。マウンテンゴリラが住む、ヴィルンガ国立公園というキガリから車で山道を3時間走った山中でも4Gの通信インフラが整備されていてびっくり!聞けば、国土のほとんどを4Gインフラがカバーしているんですって。たった5年でここまで進化しているとは!

 今回マウンテンゴリラトレッキングのベースにした高級サファリロッジでは、テレビはすべてネットテレビ。YoutubeやNetflixが見れちゃったり、アフリカのど田舎にいることも忘れてしまうほどよ。アフリカに行くと、どこか不穏な気分になりがちだけど、夜にキガリ市内を歩いていても、一切恐怖を感じない。治安の良さを実感。アフリカ各地を旅しましたが、こんなの初めてかもしれません!

ドローンに活用に力を入れるルワンダ

 まっ、こんなにルワンダ自慢していても、読者の方々に、「だったら、ルワンダ行けよ!」と言われそうなので、ルワンダで私なりに思ったことをひとつだけ書かせていただこうかと思います。

 ルワンダは、今、ドローンの活用に力を入れていました。大きなものも運べるように、ドローン専用の空港も整備中。医療現場では、すでに輸血用血液や医薬品の輸送に活用され、救命率も格段にアップ!ルワンダでは、ドローン輸送を見据えて、住所表記の見直しもはじまり、やがて座標の住所に変わるかもしれないとのことなの。もう、ドローン大ブーム!ホテルの人も、街の人も、ドローンという言葉に慣れていて、当たり前じゃん?って感じなの。

最近、完成したコンベンションセンター。

 でも、日本は、ドローンが全然身近ではないじゃない。わたしの母親なんて、ドローンって?ってレベルだと思うわ。総理官邸にドローンが落下する事件が起きたら、テロに備えて、航空法を改正して、ドローンを簡単には使えなくなっちゃったし・・・。

 確かに、テロの予防とか、安全とか、自然保護とかって意味もわかるけど、他の国では、どんどん生かしていきましょうって流れじゃない?中国では、人の乗れるドローンを作ろうってベンチャーもあるんでしょ?まっ、それなり事故や事件は相応にあるとは思いますが、その事件や事故から学ぶこともあると思うの。

それから決まりをつくっていく方法もあるのではないかと私は考える。失敗は成功のもとという言葉もあるわけですし、今の日本は、なんでも予防的に行動しすぎじゃないかしら?社会も1回失敗したらアウト!バッタ〜交代!って風潮も感じられるわ。失敗から学び、よりよいゴールを目指す。

ルワンダの勢いみたいなものを見て、日本も、日本人も、特に日本の若人たちよ!失敗を恐れず、もっとがむしゃらに新しい時代にチャレンジする!みたいな元気があったらいいなあと思うルワンダ旅行でしたわ。

 いろいろと生意気いいましたが、銀座のママの戯言と思って、お許しくださいませね。

文/Kazuquo

■関連記事
【Kazuquoママの銀座の夜話】領収書は体をあらわす
【Kazuquoママの銀座の夜話】「仕事が入ったんです!」は便利な言葉
【Kazuquoママの銀座の夜話】たわいもないおしゃべり
【Kazuquoママの銀座の夜話】若人に怒涛の愛情を注ぐ。
【Kazuquoママの銀座の夜話】上海で感じた世界の進化のスピードと日本の停滞感

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。