人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

投手の投球過多回避と肘の故障リスク低下に貢献!?メジャー15球団が導入する野球界注目のウェアラブルデバイス「motus BASEBALL」

2019.10.21

有望な選手がケガで野球を諦めたり、それが原因でベストパフォーマンスを発揮できないことは野球会全体にとっての大きな損失だ。

そこでオンサイドワールドは、多投による肘のケガの問題を受けて、既に米国メジャーリーグの15球団にて導入され、実績もある投球分析デバイス『motus BASEBALL』を日本にて公式発売した。

野球業界注目のウェアラブルデバイス「motus BASEBALL」

motus BASEBALLは投手がセンサーを搭載したスリーブを肘に着用し、投球することで、投球動作の数値やトレーニング量、肘のストレス値データを取得・蓄積。

これまで指導者や選手は、経験と感覚に基づいて投球を管理する他なかったフィールドに、データという客観的な判断指標を提供する。数年にわたって取得された膨大なデータの機械学習によって、効率的な投球パフォーマンス改善や肘の故障の予防など、今後のトレーニングを一新するテクノロジーだ。

motus BASEBALLの主な機能

専用のiosアプリをダウンロードして、センサーと同期することで、motusは以下のような機能を提供する。

1. 肘の故障・ケガの予防

motusは投球データの機械学習によって算出された肘のストレス状態を数値化。一定値以下にストレス値を抑えることで、肘の故障リスクを大幅に軽減する。

2. 投球パフォーマンス向上

肘に過度な負担がかからない美しい投球フォームは、パフォーマンスの向上にもつながる。投球毎のデータを分析可能にすることで、フォーム改善のための客観的な洞察を与える。

3. トレーニング設計

米国メジャーリーグをはじめとした一流の投手たちの投球データを元にして、motusがユーザーに合わせた投球トレーニングメニューを提案。トレーニング量の管理と、トレーニングの質をも高めるサポートを実現した。

4. コンディショニング管理

試合当日のパフォーマンスは、その日を迎えるまでのコンディショニングができてこそ、最大化される。試合予定日を予め入力することで、ベストコンディションを試合当日に持ってくるための練習量の管理を可能に。

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。