人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

まだ間に合う!JR、関連バス、フェリーを3日間自由に乗り降りできるJRグループ「秋の乗り放題パス」のおトクな活用法

2019.10.20

2019年もJRグループから10月14日(月曜日)の「鉄道の日」に合わせ、普通列車の旅を満喫できる「秋の乗り放題パス」が発売されました。

JRの乗り放題きっぷといえば春季・夏季・冬季の期間限定で5日間(5回分)使える青春18きっぷが有名です。複数人での利用や期間中なら5日分を好きな日程で使うことができたりと、ちょっとした旅行に非常に重宝することから幅広い年齢層に支持されています。

筆者も使用したことのある一人ですが、この青春18きっぷ、秋の旅行に使えたら楽しいだろうに無くて残念だな……。と思った事があります。

秋は気候もちょうど良く、紅葉も色づき始め、食べ物も美味しいので旅行にうってつけの季節。

どうしても旅に出たい……。と思い、青春18きっぷの代わりを探していたら見つけました「秋の乗り放題パス」。

青春18きっぷとの違いや、販売期間と利用できる期間をおさらいし詳しい使い方を見ていきましょう。

「秋の乗り放題パス」とは

日本全国の旅客会社鉄道線(JR線)の普通・快速列車の普通車自由席およびBRT(バス高速輸送システム)ならびにJR西日本宮島フェリーが連続する3日、自由に乗り降りできるきっぷです。

発売期間

発売期間:2019年10月1日(火曜日)から25日(金曜日)まで

利用できる期間

利用期間:2019年10月12日(土曜日)から27日(日曜日)まで

有効期間

利用期間のうち、連続する3日。例えば10月12日に使い始めたとしたら3日目の10月14日の終電まで有効です。
また、1枚につき1名利用のみで、複数人での利用はできません。
青春18きっぷとは異なる使い方になるのでご注意を。

価格

大人:7850円
子供:3920円
大人なら1日(始発から終電まで)約2617円でJR各線が乗り放題になります。

発券場所

全国のJRの主な駅、JRの旅行センターおよび主な旅行会社

利用する際の注意点

特筆すべき注意点は、特急列車に乗る場合に特急券のみの購入では乗れないこと。目的地までの乗車券+特急券を購入する必要があります。

時短のために一部区間を特急列車に乗るのもアリですが、思わぬ出費にならないように運賃を把握しておくと良いでしょう。

また、最終日の乗車が翌日にまたがる場合(日付けが変わってしまう場合)は乗車した列車が0時を過ぎて最初に停車する駅まで有効とのこと。

ただし、東京・大阪の電車特定区間(JR時刻表で要確認)内については終電車まで利用できます。

そのほか細かな注意点に関してはJRグループのウェブサイトに記載されています。

普通列車1日で東京からどこまでいける?

始発〜終電まで普通列車を使い、乗り換えのミス無しで時刻表通りに動く事ができれば、最も遠い場所で1日で東京駅から小倉駅(福岡県)まで移動可能です。

総移動距離約1000km・総移動時間約19時間と、通常運賃なら1万円を優に超えてしまいますが「秋の乗り放題パス」なら約2617円で辿り着く事ができるのでかなりお得です。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。