人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

メンズ美容家電はここまで進化した!全身の美肌ケアができる最新のシェーバーと光美容器の実力

2019.10.21

【男前プロジェクト2019】ラムダッシュ5枚刃&光エステで肌にやさしい美肌ケアを体験

先週土曜日から始まったプロ野球日本シリーズに続き、アジア初開催となったラグビーワールドカップ2019日本大会も、26日からは準々決勝がスタート。この時期は、まさにスポーツの秋を実感できる大型イベントが続く。

その一方で、9月から10月にかけては異例の残暑に続き大型台風が襲来。各地に被害をおよぼすと同時に、ネットでは体調不良を訴える人の書き込みも多く見られた。

その原因のひとつが、残暑や台風による気温、気圧の大幅変動だといわれている。気圧や気温の乱高下により自律神経が影響を受け、頭痛やめまい、肩こり、倦怠感などを引き起こすというのだ。併せて肌の状態も不安定となり、トラブル要因のひとつとされる。

特に男性は生活習慣としてのシェービングが欠かせないだけに、この時期は〝肌にやさしいシェーバー〟の存在が気になるところだろう。

そこで今回の「男前プロジェクト」では、この秋に登場する新製品としても注目を集めるパナソニックの5枚刃ラムダッシュをピックアップしてみた。さらに初のヒゲ対応モデルとして話題を集めた光エステもフィーチャー。

バッグとラゲージの総合メーカー、エース株式会社で営業を担当する棟田雄樹さんに体験していただくことにした。

また取材当日は、棟田さんの同僚の女性社員の方にも加わっていただき、「男性の身だしなみ」に関するお話もうかがった。

ラムダッシュES-LV9EX光エステES-WP81ボディトリマー ER-GK80写真左から高城奈々子さん、棟田雄樹さん、三浦良美さん

最初に棟田さんの業務内容についてお聞きした。

棟田 アウトレットを含めた直営店を担当する部署で営業を担当しています。主な業務としては、店長と協議しながら適切な売れ筋の人気商品を投入したり、ディスプレイの変更も行ないます。また繁忙期には店頭での販売応援を行なう場合もあります。

普段の身だしなみで気をつけていることは?

棟田 カジュアルすぎるのはNGですが、ビジネスマンの〝定番スタイル〟に固執するのではなく、シャツやタイで自分らしさを出せれば、と考えています。もちろん、スーツのシワ、ヨレなどのチェックを欠かしませんし、靴磨きも好きですよ(笑)。

シェービングには何をお使いですか?

棟田 普段は安全カミソリを使っています。電気シェーバーは2年ほど前に使ってみましたが、その時はあまり深く剃れなかったという印象が残っています。基本的に肌が弱いので肌が荒れる日もありますが、『剃り残しがあるよりはいいだろう』という思いがあります。

身だしなみで何かトラブルはありますか?

棟田 今申し上げたように肌が弱く、また乾燥気味なのか、ヒゲを剃ると肌が白く粉を吹いたようになってしまう時があります。これを、なんとか抑えたいですね。

今日は光エステも体験していただきます。

棟田 これまでの人生で脚や腕の毛を気にしたことがない(笑)。とはいえ男性脱毛に関する話題を目にする機会も増えたので、ドキドキですが楽しみでもあります。

ラムダッシュES-LV9EX光エステES-WP81ボディトリマー ER-GK80

エース株式会社 営業本部 第五事業部
第一部第一課
棟田雄樹さん
1940 年に創業したバッグの総合メーカーであるエース株式会社。1953 年には当時〝バッグの一大革命」〟といわれたナイロン製バッグを業界で初めて開発。またスーツケースを日本で初めて取扱い、さらに半世紀以上にわたり国内でスーツケースを製造して多くのヒット商品を輩出してきた実績を持つ。自社ブランドとしてPROTECA、ace.、インターナショナルブランドとしてZERO HALLIBURTON などを展開している。
https://www.ace.jp

ビジネススタイルの基本は守りながらも自分らしさを出したい、と話す棟田さん。そんな棟田さんに周囲はどんな印象を抱いているのだろうか。

最初に女性が考える〝男性の気になる身だしなみ〟について聞いてみた。

ラムダッシュES-LV9EX光エステES-WP81ボディトリマー ER-GK80

高城 朝の通勤電車では汗がすごい人、ニオイの強い人は気になります。フケが出ている人もNG。クールビズが終わって、これからジャケット、コートの季節になるとフケは余計に目立つので、そういう人とはなるべく離れるようにします。

三浦 ニオイは朝よりも帰りの車内で気になります。お酒や汗、タバコが入り混じったようなニオイと遭遇すると車両を移りたくなりますね。

女性は体格的に視線が低いので、剃り残しも気になるのでは?

高城 アゴに1本残っていたりすると気になりますね。わざと残しているのかな、と思わせるぐらいのレベルで残っている方もいらっしゃいました。あとはカミソリ負けで、肌が赤くなっている人も意外に車内では目立つものです。

三浦 アゴ下やノド元が剃りにくそうなことは、なんとなくわかりますが。高城が言うように、『1本だけ残っている』のであれば、まだ無精ヒゲのほうがいいと思ってしまいます。

棟田 そのぐらい剃り残しは〝悪目立ち〟するということですね。

三浦 私は剃り残し以上にマユが気になります。時折、すごく細い方とか見かけたりして。『どういうケアをすれば、こんな形になるのかな』と思って見てしまいます。

最近は各企業の女性社員の方から指先のケアに関する話題が出ます

高城 私も男性の爪や指の毛などは気になります。

三浦 指の毛より、爪が伸びていて、内側も汚れている人はちょっと…。

棟田 自分は爪は短いですが、指はそこそこ(毛が)ありますね。二人の話を聞くまで、指の毛は気にしていませんでした。 

高城 私、足の甲の毛も気になります。夏にサンダル姿で足の甲の毛が濃い方を見かけると、距離を取っていた気がします。

スネ毛を含め、ツルツルにしている男子に対する印象は?

高城 ツルツルは逆に〝やりすぎ感〟があって…。自然に、周囲にわからないようにやってくれたら。

三浦 マユもそうですが、やりすぎ感のない範囲でケアしていただきたいですね。

では好印象につながるポイントはどこ?

高城 顔まわりであれは肌荒れがないことですね。何もケアをしていないような、ガサガサ肌の人は、いろんな意味でもったいないと思います。あとは爪や指先をしっかりケアしている方は好印象です。

三浦 私はマユと無精ヒゲですね。女性なのでシェービングの経験がなく、男性は大変であるとは思いますが、ひとつでも気になるものがあると、会話中であってもそこに目が行ってしまうからです。

そしてバッグメーカーならではの指摘も出た。

高城 バッグは職業柄、かなりチェックします。

三浦 リーズナブルな価格と思われる鞄でも、ていねいに使っていらっしゃる方は好印象ですね。

高城 先日、古い型式のバッグをほとんど型崩れなしで使われている方を見かけましたが、このような方は、バッグ業界に携わる者としても好印象ですね。

最後にオフィスでの棟田さんの印象を聞いてみた。

高城 本人は肌荒れしやすい、と話していましたが、特に気になったことがないので、実はしっかりケアしていたんだな、と。

三浦 いつ見てもスーツやシャツは手入れが行き届いているし、靴もキレイなので清潔感があります。

棟田 ありがとうございます。普段は身だしなみの話題は出ないので、素直にうれしい半面、指先など、細かい部分までチェックされていることに驚かされました。剃り残しなど、この後の体験を通じて、しっかりケアしていきたいと思いました。

では体験の前に、今回取り上げる各製品の機能や特徴を整理しておこう。

パナソニック
リニアシェーバー「ラムダッシュ」5枚刃 ES-LV9EX
ラムダッシュES-LV9EX光エステES-WP81ボディトリマー ER-GK80
本体寸法(キャップを除く)/高さ167×幅72×奥行き59mm、約215g
外刃/ステンレス刃物鋼5枚刃
内刃/30°鋭角ナノエッジ内刃
駆動/リニアモーター高速駆動 毎分約14,000ストローク
主な機能/ラムダッシュAI、スリムコームスリット刃、5Dアクティブサスペンション、スマートロック機能、防水設計(IPX7基準)
オープン価格

スリムコームスリット刃を搭載した新型のラムダッシュ5枚刃シェーバーだ。スリムコームスリット刃とは、このES-LV9EXから新たに搭載された刃で、スリット刃のコーム部に従来よりも薄い部分(0.22mm)を設置。その結果、横方向に寝たヒゲ(3日程度伸ばした)も、効率的にすばやくカットできるようになったという(※)。
※2018年度発売ES-LV9Dとの比較。パナソニック調べ。パナソニック独自の基準に基づく。使用条件により効果は異なります。

ラムダッシュES-LV9EX光エステES-WP81ボディトリマー ER-GK80

ラムダッシュ独自の5枚刃システムは、そんなスリムコームスリット刃(3)に加え、フィニッシュ刃(1、5)、くせヒゲリフト刃(2、4)で構成。根元から深剃りできる「フィニッシュ刃」、アゴ下の寝たヒゲもとらえる「くせヒゲリフト刃」と、それぞれの刃が役割を担うことで、さまざまなヒゲをスピーディーかつ深剃りしていくのだ。

ラムダッシュES-LV9EX光エステES-WP81ボディトリマー ER-GK80
一方、内刃は摩耗に強いステンレス刃物鋼を素材に、日本刀と同様の製法で焼き、鍛え、そして研ぎ澄ました「鍛造刃」を使用。これを刃先角度を30度とナノレベルまで鋭角化。硬く、太いヒゲも根元から鋭くカットしていく。

ラムダッシュES-LV9EX光エステES-WP81ボディトリマー ER-GK80
そして、これもES-LV9EXから新たに搭載されたのがラムダッシュAIだ。この機能はシェービング中に1秒あたり約220回も、ヒゲの濃さを高精度にセンシング。ほぼ同時に、その濃さに応じたパワーにコントロールするという機能になる。

この機能により、ヒゲが薄い部位ではソフトに、濃い部位ではラムダッシュ5枚刃史上最高のパワーでシェービング(※)。ヒゲの濃淡に応じたパワーでシェービングすることで、肌にやさしい早剃りを実現している。
※パナソニック ラムダッシュ5枚刃従来品(最大パワー時)との比較。2019年7月10日現在。

またラムダッシュAIはすべて自動制御されるため、ユーザーは何ら操作を行なうことなく、ストレスフリーでシェービングができることもチェックしておきたい。

ラムダッシュES-LV9EX光エステES-WP81ボディトリマー ER-GK80
そのほかの便利機能としては、自動でスイッチをロック&解除ができるスマートロック機能も装備。本体グリップ部分を握ると自動的にロックが解除され、手を離すと約60秒後にスイッチが、これも自動でロックされる。

パナソニック
『光美容器 光エステ <ボディ&フェイス用> ES-WP81』
ラムダッシュES-LV9EX光エステES-WP81ボディトリマー ER-GK80
本体サイズ/高さ253×幅79×奥行き56mm(アタッチメント装着時)、約402g
連続使用回数/約600回
光ケア/ランプカートリッジ交換不要(ランプ寿命 約30万回)
アタッチメント/ボディ、フェイス、ビキニライン
オープン価格
・本商品は医療機器ではありません。永久脱毛とは異なります。
・効果には個人差があります。

自宅で手軽にムダ毛ケアができる光美容器の登場だ。光源にはランプを2本にして総光量をパワーアップさせた「W(ダブル)ランプ」を搭載。これにより同社では、「使い始めは2週間に1度のケアで大丈夫。使い続けるほど、お手入れ回数を減らせます」と説明している。

ラムダッシュES-LV9EX光エステES-WP81ボディトリマー ER-GK80

また1回の照射で2本のランプを時間差で連続発光させることで、総光量はそのままに1照射あたりの刺激を低減。より肌にやさしいケアを実現した。

肌にやさしいケア、ということでは新搭載の波長調整フィルターもチェックしておきたい。これは光の中でも刺激になりやすい波長を一部吸収して、刺激を低減するフィルター。

以上のような新機能により、ES-WP81は新たにメンズのヒゲにも対応できるようになったのだ。

というわけでES-WP81は、これ1台でアシ、ウデ、ワキ、手(指)、顔、ビキニラインに加え、男性の胸(※)とボディ、そして先ほど紹介したヒゲにも対応する。
※一般的に、男性は女性に比べ体毛が太く、毛量も多いため、肌への刺激が強くなることがあります。

ラムダッシュES-LV9EX光エステES-WP81ボディトリマー ER-GK80
写真手前がボディ、左奥がフェイス、右奥がビキニラインの各アタッチメント

そんな使用部位に応じてボディ、フェイス、ビキニラインという3種類のアタッチメントが同梱されている。

このうちボディ用は8.3 cm2のワイドな照射面を持ち、フェイス用はコンパクト、ビキニライン用はデリケートなエリアだけに照射面が狭く、またコームが付くなど、使用部位を考慮した設計となっている。

ラムダッシュES-LV9EX光エステES-WP81ボディトリマー ER-GK80

さらにアタッチメントの裏側にも注目だ。一見すると照射面のサイズ違いだけのようにも思えるが、注視すると、設置されている突起の形状や数が異なっていることがわかる。

実は、この突起の形状と数により、本体側が装着されたアタッチメントの種別を自動的に識別。ボディ用と認識すると、ボディに最適化された光エネルギーが照射されるのだ。

つまりユーザーは使用する部位に対応したアタッチメントを装着するだけ。モードを切り替えたり、出力を調整する手間がない。

ラムダッシュES-LV9EX光エステES-WP81ボディトリマー ER-GK80

自分の肌におすすめの出力レベルを確認できる肌検知センサーも搭載。ビギナーでも安心して使うことができる。

使用法としては、使用部位の除毛が必須となる。除毛が不完全だと、肌刺激が強くなる場合があるため、脚や腕はボディトリマー、ヒゲはラムダッシュで念入りに除毛しておきたい。

ラムダッシュES-LV9EX光エステES-WP81ボディトリマー ER-GK80

除毛が済めば次に使用部位に対応したアタッチメントを装着。これで使用が可能となるが、照射の際には、必ず照射面を肌に水平に押し当てること。

これは光エネルギーを肌へ確実に伝えるため。併せて光漏れを防いで、眩しさを防ぐという意味を持つ。思うように発光しない場合は、きちんと照射面が肌と水平になっているか、確認していただきたい。

それでは棟田さんにはリニアシェーバー「ラムダッシュ」5枚刃 ES-LV9EXから体験していただこう。

ラムダッシュES-LV9EX光エステES-WP81ボディトリマー ER-GK80

体験前の井上さんの様子。ご本人によれば、それほどヒゲは濃いほうではない、とのことだが、アゴ先を中心に、なかなかの生えっぷり。また正面からはわかりづらいが、ノド元周辺もヒゲが密集している。

ラムダッシュES-LV9EX光エステES-WP81ボディトリマー ER-GK80

「電気シェーバーは久しぶり」という棟田さんだけに、まずは剃りやすい頬からスタート。アゴ周辺と比較して、それほどヒゲが生えていないように見えたが、カット音は絶えることがなく、音からも深剃りできていることを感じさせる。

ラムダッシュES-LV9EX光エステES-WP81ボディトリマー ER-GK80

続いてはアゴ先へ。ここではヘッドが前後・左右・上下に加えて、前後にスライド、ツイストもする5Dアクティブサスペンションが威力を発揮。アゴ先の微妙なラインにもヘッドがしっかりと密着して剃り上げていく。

ラムダッシュES-LV9EX光エステES-WP81ボディトリマー ER-GK80

そしてアゴ先以上に密度が濃いノド元へ。ここでは前出の5Dアクティブサスペンションに加え、新搭載のスリムコームスリット刃が活躍。というのもアゴ下からノドにかけて、ヒゲはほぼ寝た状態で生えているため。パナソニックでは、スリムコームスリット刃により、このような長く寝たヒゲのカット率が10%アップしたと説明している。(※)
※2018年度発売ES-LV9Dとの比較。パナソニック調べ。パナソニック独自の基準に基づく。使用条件により効果は異なります。

棟田 久しぶりに電気シェーバーを使いましたが、ヘッドを軽くあてるだけでヒゲがカットされていくことに驚かされました。いつもは剃り残しが出やすいノド元も、ヘッドの動きがとても滑らかだったと思います。

ラムダッシュES-LV9EX光エステES-WP81ボディトリマー ER-GK80
シェービング後の棟田さんの様子。無精感が一掃され、ビジネスモードを感じさせる精悍な表情へと変わった。

ラムダッシュES-LV9EX光エステES-WP81ボディトリマー ER-GK80
アゴ先をアップにするとこんな感じ。ノド元のヒゲも剃り残しなく、清潔感のある仕上がりに。

では、このヒゲを除毛した状態で光エステを使用すると、どんな変化があるのか。

ラムダッシュES-LV9EX光エステES-WP81ボディトリマー ER-GK80

ラムダッシュES-LV9EX光エステES-WP81ボディトリマー ER-GK80

先ほど説明したように、最初に肌検知センサーで、使う人の肌色にあわせたおすすめの出力レベルを設定。アタッチメントはフェイス用を装着して体験していただいた。

棟田 このような光美容器を使うのは初めての経験でしたが、使用前に出力レベルを確認できたので、安心して使うことができました。本体は持ちやすく、操作も簡単なので、自宅で手軽にケアができると思います。

ラムダッシュES-LV9EX光エステES-WP81ボディトリマー ER-GK80

ラムダッシュES-LV9EX光エステES-WP81ボディトリマー ER-GK80
光エステ体験後の棟田さん。パナソニックでは最初の2か月は2週間に1度、3か月目以降は4~8週間に1度のケアを推奨しており、1回の使用では成果はわかりにくいかもしれない。とはいえ肌の色が明るくなったと思えるほか、ヒゲも全体的に薄くなった印象で、継続使用の可能性を感じさせる結果となった。

さらに腕毛でも体験してもらった。

ラムダッシュES-LV9EX光エステES-WP81ボディトリマー ER-GK80

ラムダッシュES-LV9EX光エステES-WP81ボディトリマー ER-GK80

ボディトリマー ER-GK80はアタッチメントなしの〝直刃〟で除毛。面を軽く肌にあて、毛の流れにさからうように、ゆっくりとなで剃りしていく。続いて光エステのアタッチメントはボディ用を装着して体験開始。

ラムダッシュES-LV9EX光エステES-WP81ボディトリマー ER-GK80
写真上の右腕は未処理、下の左腕は光エステを使用。ヒゲと同じく、肌色のくすみがある程度解消され、健康的な印象を与える。

 

ラムダッシュES-LV9EX光エステES-WP81ボディトリマー ER-GK80

体験を終えた棟田さん。肌色が明るくなり、表情も晴れやかだ。

棟田 ラムダッシュは、その滑らかな剃り味が印象に残っています。ヒゲが引っかかることもなく、ヘッドの動きもとてもスムース。ヘッド自らが肌の上を動いてヒゲを剃ってくれるような、そんな感覚さえありました。

光エステは肌検知センサーや、水平に正しく押し当てないと発光しない機能など、ビギナーにやさしい機能がいいですね。腕は自分で見てもキレイになった感じがします(笑)。

ラムダッシュで肌にやさしいシェービングも体験できましたので、これから乾燥する季節を迎えますが、この状態をしっかりキープしていきたいと思います。

撮影/末安善之

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。