人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ペーパーレス化といわれても経費精算は…手間を大幅に削減できる経費ツール2選

2019.10.23

2.経費精算システム「eKeihi」

eKeihiイメージ

とはいえ、まだまだカード導入は現実的ではない企業も多いだろう。そのような中、近年の定番となりつつあるのが、従業員がスマホで手軽に交通費・出張費申請ができるシステムだ。

イージーソフトの経費精算システム「eKeihi」は、社内で発生するさまざまな経費、例えば従業員が申請する交通費、出張費、会議費、交際費などの申請から承認、支払処理の電子化、一元管理を実現する。

交通費・出張費の精算といえば、申請者、承認者、経理担当の3者がやりとりする面倒な業務の一つだ。

eKeihiを使えば、申請者はさまざまな入力支援機能により、精算書の作成時間を大幅に削減、本来業務に集中できる。

スマートフォンやタブレットを使用することで、移動の合間に交通費を精算でき、承認や支払の状況がリアルタイムに把握もできる。仕事のすき間時間にサッとできそうだ。

承認者からもスマートフォンやタブレットなどから、外出先からでも承認してもらえるのでスピーディー。

経理担当者も精算書入力時にほとんどのエラーが排除されているため、間違いのないデータを、効率よく、すばやくチェックすることができるという。

豊富な管理系帳票、ExcelやCSVによるデータ出力により、分析や集計など、すばやいレポーティングも可能。自動仕訳、会計ソフト連携などもあり、経理業務を大幅に削減できる。

領収書はスマホで撮影し「AI搭載OCR機能」で領収書の内容を正確に読み取り、精算書へ自動反映されられ。精算書作成の手間を劇的に減らすことができる。電子帳簿保存機能とセットで利用することで、ペーパレス化も実現する。

またICカードの乗降履歴を読み込むことができるため、不正申請も防ぐことができる。二重取込防止、定期区間控除も可能だ。

経費精算業務は一般的に煩雑な業務の代表のようになっている。こうしたサービスが国内で活発に開発され、浸透していくことで、業務効率化、働き方改革の一助となることが期待される。

【取材協力】
Staple カード
https://staple.jp/card/
eKeihi
https://www.ezsoft.co.jp/ekeihi/

取材・文/石原亜香利

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。