人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

新たなブームの予感!?花束に包まれるような幸福感を堪能できる第3の煎茶「香り緑茶」

2019.10.22

■茂木雅世のお茶でchill out!

茶畑で摘んだお茶の葉を30秒程の蒸し時間で仕上げていく「普通煎茶」

普通煎茶よりも蒸し時間を約2倍長くして作られる「深蒸し煎茶」

これらのお茶に次ぐ、「第三の煎茶」とも言える新しいジャンルのお茶が、ちょっと今注目を集め始めています。

そのお茶の味わいは例えるならば、花束に顔をうずめたような幸福感。

まるで、花畑にいるかのようなショートトリップ感。

何かがブレンドされているの?

いいえ。違うんです。何もブレンドされていないんです。

そのお茶の作り方の特徴はズバリ「萎凋」(いちょう)

聞きなれない言葉かもしれませんが、お茶の葉をしおれさせ、香りを引き出していく工程のことをこう言います。

個人的に、爽やかな朝や晴れた日に飲みたくなる「萎凋したお茶」

大好きなので、おいしいものを見つけると全国各地からお取り寄せしてしまいます(笑)

以前からペットボトルのお茶を愉しむ比較的若い世代が「おいしい!」と思うお茶は、香りの強いお茶だとも言われていましたが、普段お茶を飲む習慣のない人も一口飲むと

「こ…これは!!」となること間違いなしのお茶です。

静岡県・牧之原台地

言うまでもなく、お茶の一大名産地としても知られるこの場所でも、ここ数年この華やかなお茶が作られています。

「花ここち」と名付けられたそのお茶は、お茶の商品性の高さを競う「世界緑茶コンテンスト2018」で「フロンティア賞」受賞を果たしました。

お茶の葉の水分をゆっくりゆっくり抜いて、キズをつけないようにゆっくり刺激を与えることで、うまれるという花の香り。

しかし、この香りを美しく出すのはとても難しく、少しでも処理を間違うとムレたような香りが出てしまうのだとか。

アート作品のように、とてもとても繊細な技術を要するものなのです。

日本一のお茶処でもある静岡県が運営する「茶業研究センター」では、この香り緑茶を作る専門の機械を長い年月をかけ開発。

普段はお茶を飲まない人達にも「おいしい~!!」と言ってもらえるお茶を作りたいその一心で、努力を続けて来ました。

「花ここち」の発売元である「勝間田開拓茶農協」が世界で初めてこの機械を導入し、現在、次世代のお茶とも言える香り緑茶を世界に向けて発信しています。

「開拓茶農協」という名前を聞くだけで、何やら新しいことを切り拓いていく農協のように感じますが、まさにその通り。

戦時中、牧之原台地には大井海軍航空隊の飛行場跡地が建設されたそうなのですが、そこに戦後入植。

ツルハシ1本で、硬くて厚い滑走路の路面をはがすという過酷な作業の末、没収された農地を見事な茶園に蘇らせたという歴史があるのです。

まさに開拓者!フロンティア精神!

その想いを大切にしながら、今でも次世代のためのお茶の製造に取り組んでいるというのは、なんだかとても感慨深く、胸が熱くなります。

ちなみにこのお茶。

香りの他にもう一つ特徴が…。

それは「簡単に淹れられるお茶」ということ。

お茶がおいしいのは知っている!でものんびりお茶を淹れる時間がなかなかないというTEAGEEKさんにぴったりなお茶なのです。

これからますます拡がりを見せそうな第三の煎茶。

TEAGEEK代表としても、目が離せない存在です。

香り緑茶についてもっと知りたい方はこちら https://kaori-ryokucha.com/

文/茂木雅世(もき まさよ)

ティーエッセイスト/煎茶道 東阿部流師範/日本茶アーティスト
お茶好きがで高じて、2009年、仕事を辞めてお茶の世界へ。2010年よりギャラリーやお店にて急須で淹れるお茶をふるまい始め、現在はお茶にまつわるモノ・コトの企画・商品プロデュース・コラム執筆やメディア出演などの活動を行っている。FMyokohama「NIPPON CHA茶CHA」では最新のお茶情報を毎週発信中。
オフィシャルサイト:https://ocharock.amebaownd.com/
Twitter:https://twitter.com/ocharock

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。